「ベクター」は、ロシアでブラジルのガンマ株が検出された事例を孤立したものと呼びました

ビデオ: 「ベクター」は、ロシアでブラジルのガンマ株が検出された事例を孤立したものと呼びました

ビデオ: 「ベクター」は、ロシアでブラジルのガンマ株が検出された事例を孤立したものと呼びました
ビデオ: 米国株は週明けも警戒!コロナ変異株、オミクロンショック! 2023, 行進
「ベクター」は、ロシアでブラジルのガンマ株が検出された事例を孤立したものと呼びました
「ベクター」は、ロシアでブラジルのガンマ株が検出された事例を孤立したものと呼びました
Anonim
Image
Image

コロナウイルスのガンマ変異体のスパイクタンパク質の変異

国家科学センター「ベクター」の専門家は、ロシアでのコロナウイルス株の蔓延に関する独自の遺伝子研究についてN +1に語った。彼らのデータによると、2021年5月以降、ガンマ変異体(ブラジル株)による感染のいくつかの症例が国内で確認されています。それにもかかわらず、現在の主な危険はデルタ株(インド)です。

それが人間の集団に広がるにつれて、covidを引き起こすSARS-CoV-2ウイルスは、それが人々により効果的に感染するか、免疫応答から身を隠すことを可能にする突然変異を蓄積します。突然変異の成功した組み合わせを含むウイルスの変異体は、WHOによって「懸念変異株」(VOC)と呼ばれます。特に、科学者たちは、抗体によって認識される表面Sタンパク質のドメインに変異がある株について懸念しています。最も効果的なcovidワクチンの中心にあるのはSタンパク質です。

懸念される選択肢の中で、最近まで最も重要なものは、英国(アルファ、B.1.1.7)、南アフリカ(ベータ、B.1.351)、およびブラジル(ガンマ、P.1)でした。これらのオプションはすべて、ワクチンの有効性をある程度低下させるようです。詳細については、「WeMovedHere」の記事をご覧ください。

ガンマ株は、2020年の終わりにブラジルのマナウス市で発生を引き起こしたときに注目を集めました。マナウスでは、人口のほとんどがすでに感染症にかかっています。研究者らは、ガンマ変異体のSタンパク質(K417T、E484K、N501Y)に、おそらくACE2受容体への親和性を高める3つの変異を特定し、元の株の約2倍の感染性と呼んだ。さらに、マナウスで研究を行ったサイエンスの記事の著者は、コロナウイルスに対する以前の免疫は、バリアントP.1に対して54〜80パーセントしか保護しないことを示唆しました。さらに、このバリアントは、元のバリアントよりもわずかに致命的である可能性があります(1.1〜1.8倍)。ブラジルから、彼はおそらく2021年1月に到着し、この亜種に感染した数人が東京で発見されました。その広がりの活発な段階は、明らかに、4月に落ちました。

パンデミックの当初からSARS-CoV-2を積極的に研究してきた国立ウイルス学・生物工学センター「ベクター」の専門家が、国内でのコロナウイルス株の蔓延について独自の研究を行っています。今日、彼らは、2021年5月から、ガンマバリアントがロシアでも確認されたと述べました。しかし、彼らの代表によれば、これらは孤立したケースでした。情報筋は、病人はワクチン接種を受けていないと述べた。 「ベクター」の代表者によると、このオプションはデルタ株に置き換えられる(またはすでに置き換えられている)ため、配布されません。

ウイルスの変動性と世界中のさまざまな亜種の広がりを監視するために、多くの国で、患者から得られたウイルスサンプルが配列決定され、共有されています。変異株の分布に関する最新情報を含む最大のデータベースの1つはGISAIDです。ロシアでは、菌株のゲノム配列がCORGIコンソーシアムによって投稿されており、ロシアのいくつかの研究所の科学者が参加しています。 GISAIDによると、ガンマバリアントはこれまでロシアでは検出されていません。コンソーシアムの国内遺伝学者によると、2020年の終わり以来、アルファ変異体は国内で活発に広がり始め、5月に急速に「デルタ」に取って代わられました。このオプションの機能については、資料「アルファからデルタへ」で読むことができます。

トピックによって人気があります