住民が回復してから1か月後にカーペットやエアコンでコロナウイルスRNAが見つかった

ビデオ: 住民が回復してから1か月後にカーペットやエアコンでコロナウイルスRNAが見つかった

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 【医学部】新型コロナウイルス感染症 2023, 2月
住民が回復してから1か月後にカーペットやエアコンでコロナウイルスRNAが見つかった
住民が回復してから1か月後にカーペットやエアコンでコロナウイルスRNAが見つかった
Anonim
Image
Image

アメリカの研究者は、症状が消えてから1か月後に回復した人々の家でコロナウイルスRNAを発見しました。ウイルスの遺伝物質の最高濃度は、寝室のカーペットとエアコンのフィルターで見つかりました。この作品は、Science of theTotalEnvironmentに掲載されました。

コビッドによる感染は、主に空気からのウイルス粒子の吸入によって起こります。コロナウイルスを含む最大で最も重い滴は、話したりくしゃみをしたりすると、周囲の表面に落ちます。この場合、接触による感染の危険性があります。表面のコロナウイルスの寿命に関するデータはさまざまです。一部の研究者は、3時間から24時間までさまざまな種類の表面に残る可能性があると述べていますが、他の研究者は、この期間が28日に増加する可能性があると報告しています。物体上のコロナウイルス粒子の生存率は病院で最もよく研​​究されています。そこでは、コロナウイルスが床、ドアハンドル、換気フィルターで見つかりました。これまでのところ、住宅の建物にどれだけのコロナウイルスが存続し、どの表面に最も多くのウイルス粒子が含まれているかについてはほとんどわかっていません。

テキサス大学オースティン校のケリー・A・キニーが率いるアメリカの研究者たちは、症状が消えてから1か月後に回復した人々の家にコロナウイルスが残っているかどうかを調べることにしました。科学者たちは、2か月前にコロナウイルスと診断された、大人と子供が住んでいた家のさまざまな表面から24個の塗抹標本を収集しました。次に、収集したサンプルからコロナウイルスRNAを分離し、PCRを行いました。

研究者は、サンプルの46パーセントでコロナウイルスRNAを発見しました。彼女は、テレビ、ソファ、ドアノブ、トイレの水洗ボタン、カーペット、床、エアコンのフィルターの表面から取った綿棒に含まれていました。コロナウイルス遺伝物質の最高濃度は、寝室のカーペットとエアコンフィルターで見つかりました(ほこり1グラムあたり104-105遺伝子コピー)。

Image
Image

家の周りの陽性サンプルの分布

家の床はグリコール酸を含む表面クリーナーで拭きました。また、ドアノブの掃除にも使用されました。バスルームは塩素含有製品で洗われました。ウイルスRNAが大量に含まれていることが判明した寝室のカーペットは掃除機で掃除されました。ソファ、テレビ、エアコンのフィルターの表面は掃除されていません。

研究によると、患者が回復してから1か月後でも、コロナウイルスの遺伝物質は家の中にありますが、ウイルスRNAの濃度を使用してウイルスの感染性を推定することはできません。今後の作業では、家屋の数を増やすとともに、家財道具の表面からのコロナウイルスが人に感染する可能性があるかどうかを分析する必要があります。

コロナウイルスのパンデミックがどのように進展しているか、そして将来何が期待できるかについては、私たちの記事「私たちはここに移動しました」で読むことができます。

トピックによって人気があります