Sinovacコロナウイルスワクチンは83.5パーセントの予備的有効性を示しています

ビデオ: Sinovacコロナウイルスワクチンは83.5パーセントの予備的有効性を示しています
ビデオ: 飲食店利用にワクチン接種求める制限など緩和へ ロシア・モスクワ【新型コロナ】 2023, 2月
Sinovacコロナウイルスワクチンは83.5パーセントの予備的有効性を示しています
Sinovacコロナウイルスワクチンは83.5パーセントの予備的有効性を示しています
Anonim
Image
Image

Lancetは、Sinovacが開発したCoronaVacコロナウイルスワクチンの臨床試験の第3フェーズの予備結果を発表しました。ワクチンの効果は83.5%で、有害事象は薬物群の18.9%、プラセボ群の16.9%で報告されました。

中国の会社Sinovacによって開発されたCoronaVacコロナウイルスワクチンは、最も研究されている免疫化メカニズムの1つである不活化ウイルス粒子に基づいています。フェーズIおよびIIの臨床試験では、CoronaVacがボランティアの3分の1未満で軽度の副作用を引き起こしたことが示されました。副作用はほとんどの場合注射部位の痛みに限定され、1人の研究参加者だけがじんましんを発症しました。中和抗体はすべての研究参加者に見られましたが、それらの作用の有効性は臨床試験の次の段階で決定されることになりました。

臨床試験の第3フェーズは、トルコでHacettepe大学のSerhatUnalの指導の下で行われました。 18〜59歳の10,029人が含まれています。彼らはCoronaVac(6,559人)またはプラセボ(3,470人)を2回投与されました。ワクチン接種の完了後、参加者は43日間観察されました。この期間中に、ワクチンを受けたグループの9人とプラセボグループの32人がコロナウイルス感染で病気になりました(PCR分析によって確認されました)。したがって、CoronaVacの効率は83.5パーセントでした。

Image
Image

covidのワクチン接種後の発生率

ワクチン接種後の有害事象は、薬剤を投与されたグループの18.9%、プラセボグループの16.9%で報告されました。これらの中で最も一般的なものは、倦怠感と頭痛でした。参加者の誰も深刻な生命を脅かす副作用を経験しませんでした。

したがって、有効性の点では、Sinovacによって開発されたコロナウイルスワクチンはスプートニクV(91.6%)およびファイザーからのワクチン(95%)より劣っていますが、アストラゼネカからの薬剤(70%)よりも進んでいます。

Sinovacは最近、青年期におけるワクチンの臨床試験の結果を発表しました。研究参加者の100%が抗体を開発し、注射部位の痛みが最も一般的な副作用でした。

トピックによって人気があります