アメリカ人は、covidの最初の波で1680万の診断されていない症例を数えます

ビデオ: アメリカ人は、covidの最初の波で1680万の診断されていない症例を数えます
ビデオ: 米も南アなど8か国から入国制限へ 新たな変異ウイルスに対応 2023, 2月
アメリカ人は、covidの最初の波で1680万の診断されていない症例を数えます
アメリカ人は、covidの最初の波で1680万の診断されていない症例を数えます
Anonim
Image
Image

米国でのコロナウイルスの最初の波では、約1,680万件のコロナウイルスが検出されませんでした。このような評価は、以前にcovidと診断されたことがない参加者の血液中の抗体の存在をテストしたときにアメリカの科学者によって与えられました。研究者らは、最初の波でコロナウイルスと診断されたすべての症例について、4、8の未診断の症例があったと計算しました。この作品はScienceTranslationalMedicineに掲載されました。

パンデミックは1年以上続いており、最初の数か月とは異なり、現在、科学はコロナウイルスの生物学を理解する上で十分に進歩しています。コロナウイルスのレビュー「ここに移動しました」も更新しました。その中で、ウイルスがどのように変化したか、そしてそれに対するワクチンがどれほど成功しているかを読むことができます。コロナウイルスの発生率に関する多くの遡及的分析もありました。たとえば、最近発表された抗体患者とワクチン接種後のヒトの再感染に関する統計。

国立衛生研究所のKaitlynSadtler(Kaitlyn Sadtler)が率いるアメリカの科学者は、コロナウイルスの最初の波の間に無症候性であった人々の割合を確認することにしました。この研究には、過去にコロナウイルスと診断されたことがない8058人のボランティアが参加しました。 2020年4月1日から8月4日までの期間に、それらから血液サンプルが採取され、それらの中でcovidに対するIgGおよびIgM抗体が決定されました。研究者らは、サンプルは、性別、年齢、民族性、居住地によって、米国の一般人口の構成と統計的に異ならないと計算しました。

参加者の中で、304人がコロナウイルスに対する抗体を持っていました。これに基づいて、科学者は、人口における未診断のコロナウイルスの有病率を4.6%と推定しました。これは、さまざまな地域、民族、年齢層の間で一般に1.1%から14.2%の範囲でした。研究者らは、第1波の感染数に関する情報を使用して、コロナウイルスの診断されたすべての症例について、4、8の未診断の症例があったと計算しました。米国では、合計300万件のコロナウイルス感染が第1波で登録されました。これは、2020年7月中旬までに約1680万件の未診断の症例が発生する可能性があることを意味します。

科学者は仕事の制限を報告します。彼らはサンプルを一般集団との違いについてテストしましたが、教育と医療へのアクセスの要因を考慮していませんでした。これはおそらく米国の人口と比較して研究グループで異なっていました。

世界中の何百万人もの人々がコロナウイルス感染を回避または回復しようとしていますが、英国では標的感染実験が進行中です。なぜそれが必要なのか、私たちの資料「Cheerforus」を読むことができます。

トピックによって人気があります