「Vector」のディレクターは、「EpiVacCorona」によってワクチン接種されたものの半分で抗体の長期保存を発表しました

ビデオ: 「Vector」のディレクターは、「EpiVacCorona」によってワクチン接種されたものの半分で抗体の長期保存を発表しました

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: ロシアで動物のワクチン接種開始【新型コロナ】 2023, 2月
「Vector」のディレクターは、「EpiVacCorona」によってワクチン接種されたものの半分で抗体の長期保存を発表しました
「Vector」のディレクターは、「EpiVacCorona」によってワクチン接種されたものの半分で抗体の長期保存を発表しました
Anonim
Image
Image

テレビチャンネル「ロシア24」とのインタビューでノボシビルスクセンター「ベクター」のディレクターは、「EpiVacCorona」抗体のワクチン接種後3ヶ月と6ヶ月後にすべての研究参加者に保持され、9ヶ月後に-半分以上で保持されたと述べました。同時に、臨床試験の第3フェーズの公式データはまだ公開されていません。

Vector Research Centerによって開発された2番目のロシアのワクチンであるEpiVacCoronaは、2020年10月に登録されましたが、臨床試験の結果はまだ公開されていません。 2021年3月、テストの第1フェーズと第2フェーズの結果が表示されました。科学者は、ワクチンに提示された抗原に対する抗体の最大力価(1:2475)が、初回投与後42日目に患者の100%で測定され、全​​身性の副作用は観察されなかったと報告しました。同時に、著者らは独自に開発したテストを使用して中和抗体の数を計算しました。彼らは、ワクチンで得られたペプチドに対して抗体が特異的に開発されたかどうかを確認しました。この記事は、これらの抗体のどの部分が感染に遭遇したときに実際にウイルスを中和できるかという質問には答えていませんでした。

6月17日、ベクターセンターのゼネラルディレクターであるRinat Maksyutovは、ロシアの24TVチャンネルとのインタビューで免疫を維持するタイミングについて話しました。彼は、最初のボランティアは2020年7月にワクチン接種を受け、3か月と6か月後にすべてのワクチン接種で抗体が測定されたと述べました。 9か月後、抗体はボランティアの半数以上に残っていました。

ワクチンの有効性を判断するためのEpiVacCoronaの臨床試験の第3フェーズは、登録後に開始され、正式な結果はまだ公開されていません。

ワクチンの有効性、コロナウイルス治療の成功、パンデミックの将来について詳しくは、ガイド「ここに移動しました」をご覧ください。

トピックによって人気があります