英国人は抗体を持つ人々のcovidによる再感染の統計を発表しました

英国人は抗体を持つ人々のcovidによる再感染の統計を発表しました
英国人は抗体を持つ人々のcovidによる再感染の統計を発表しました
Anonim
Image
Image

科学者たちは、抗体が血液中に見つかった患者と治療およびリハビリセンターの労働者における再発性コロナウイルス感染の数に関する新しいデータをランセットに発表しました。再感染は、医療グループと患者グループの両方の2パーセントの人々に登録されました。同時に、科学者たちは、再び病気になった人と他の抗体を持っている人の抗体の初期レベルの間に違いを発見しませんでした。

コビッドパンデミックは1年以上続いていますが、コロナウイルスのさまざまな変異体から人を保護するために必要な最小抗体価はまだ不明です。米国では、ワクチン接種後、1億100万人のワクチン接種につき10262例の感染が登録され、160人が死亡しました。病気の後に獲得される免疫に関しては、すべてがさらに複雑になります。科学者たちは、そのような免疫がどれだけうまく保護され、どれだけ長く続くかをまだ正確に知りません。北京病院の医師は、血液中に抗体が存在するにもかかわらず、患者のコロナウイルスによる再感染について説明したことをすでに書いています。

covid再感染に関する新しいデータは英国から来ました。ユニバーシティカレッジロンドンのローラシャルクロスが率いる英国の科学者は、分析に高齢者のための治療およびリハビリテーションセンターのスタッフ(1429人)と患者(682人)を含めました。参加者の状態は2020年10月1日から2021年2月1日まで監視されました。血液サンプルは2020年7月から11月に収集され、その後4か月と6か月後に収集されました。彼らは、コロナウイルスのヌクレオカプシドとスパイクタンパク質に対するIgG抗体をテストしました。治療およびリハビリテーションセンターの労働者は、コロナウイルスの存在について毎週テストされ、患者は毎月テストされました。コロナウイルスに感染するリスクは、性別と年齢を調整したCox回帰を使用して計算されました。

研究の開始時に、コロナウイルスに対する抗体は、226人の患者(33パーセント)と408人の医療従事者(29パーセント)で検出されました。 Covidは、研究の開始時に抗体を持っていなかった患者の20%(93人)、および抗体を持っていた2%(4人)で診断されました。抗体を持たない医療従事者では、コロナウイルス感染が11%(111人)で検出され、抗体を持っている医師では、コロナウイルス検査が2%(10人)で陽性でした。研究開始時に抗体を持っていたグループの12人で、病気の経過に関するデータが利用可能でした:11人が病気の症状を発症しました-発熱、咳。同時に、科学者たちは、再感染した人と他の抗体を持っている人との間で抗体のレベルに違いは見られませんでした。

Image
Image

再感染した人と対照群の抗体価

したがって、抗体を持たない患者(aHR = 0.15、p = 0.006)とスタッフ(aHR = 0.39、p = 0.012)の両方で、コロナウイルス感染のリスクは抗体を持っている患者よりも有意に高かった。同時に、再感染した人と他の抗体を持った人とでは抗体価に差がなかったため、コロナウイルス後の体液性免疫と細胞性免疫のさらなる研究が必要です。これにより、保護期間を計算し、予防接種スケジュールを作成することができます。

私たちの資料「アルファ」から「デルタ」まで、ロシアに侵入したコロナウイルスのインドの亜種について私たちが現在知っていることについて読むことができます。スコットランドのデータによると、ワクチンはそれに対する防御を提供しますが、効果は約10パーセント低くなります。

トピックによって人気があります