アメリカ人はワクチン接種後のコロナウイルス感染の症例を報告しました

ビデオ: アメリカ人はワクチン接種後のコロナウイルス感染の症例を報告しました

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 空港利用者 9割近く回復 懸念される感染拡大(2021年11月26日) 2023, 1月
アメリカ人はワクチン接種後のコロナウイルス感染の症例を報告しました
アメリカ人はワクチン接種後のコロナウイルス感染の症例を報告しました
Anonim
Image
Image

米国疾病予防管理センター(CDC)は、ワクチン接種後のコロナウイルスの発生率に関するデータを公開しています。合計10,262件の感染が登録され(ワクチン接種1億100万件あたり)、160人が死亡しました。アメリカの機関は、ワクチン接種後のコロナウイルスの発生率が非常に低いことを強調し、機関は12歳以上のすべての人々にそれを受けることを勧めています。

ほとんどのコロナウイルスワクチンは、臨床試験で優れた効果を示しています。ファイザーとバイオエヌテックはワクチンの有効性を少なくとも87%、アストラゼネカは70%と報告し、ガマレヤセンターの科学者はスプートニクの有効性を91.6%と報告しました。

米国では、2021年4月30日現在、1億100万人がコロナウイルスの予防接種を受けています。同時に、感染の拡大は依然として高水準で記録されていました(4月24日から30日までに全国で355,000件の感染が発生しました)。コロナウイルスの予防接種は比較的最近に始まったため、全国で何人がコロナウイルスに感染したかはほとんどわかっていません。

米国疾病予防管理センターは、州および地域のデータベースからの情報に基づいて、ワクチン接種が完了した後のコロナウイルスの発生率に関する統計を発表しました。これには、感染の自発的な報告と、入院と死亡に関する病院からのデータの両方が含まれていました。ワクチン接種後のコロナウイルス感染の症例は、完了から14日後にコロナウイルスの陽性検査と見なされました。

合計で、2021年4月30日現在、10,262例のコロナウイルス感染がワクチン接種後に登録されました。これらのうち、6446例(63パーセント)が女性で発見されました。症例の平均年齢は58歳でした。 2,725人(27%)はこの病気の症状がなく、995人(10%)が入院し、そのうち289人がコロナウイルスとは関係のない理由で入院しました。 160人が死亡した(2パーセント)。

この研究には統計を過小評価する可能性のある制限があります。データベースは患者からの自発的な報告のみを受け取り、症状のない人や軽度の症状のある人は単に検査を行っていない可能性があります。それにもかかわらず、米国疾病予防管理センターは、12歳以上の全人口がコロナウイルスのワクチン接種を受けることを推奨しています。これにより、深刻な感染と死亡の可能性が大幅に減少します。

すでに承認されているワクチンに加えて、ロシアは最近スプートニクライトを登録しました。 1回の注射で構成され、すでにコロナウイルスに感染している人にも使用できますが、抗体価が低下した後は、ワクチンの臨床試験のデータはまだ入手できません。

トピックによって人気があります