科学者は武漢市場で鱗甲目取引の兆候を発見しません

ビデオ: 科学者は武漢市場で鱗甲目取引の兆候を発見しません

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 【武漢肺炎】消毒 2023, 2月
科学者は武漢市場で鱗甲目取引の兆候を発見しません
科学者は武漢市場で鱗甲目取引の兆候を発見しません
Anonim
Image
Image

マレーセンザンコウ(Manis javanica)。

中国の研究者は、SARS-CoV-2パンデミックの前の2年半の間、武漢市場で鱗甲目が販売されなかったことを発見しました。したがって、これらの哺乳類はウイルスの中間宿主である可能性は低いです。それにもかかわらず、ジャーナルScientific Reportsの記事に記載されているように、武漢の17の市場では、38種の野生動物が大量に販売され、不衛生な状態に保たれ、検疫証明書がありませんでした。このような環境では、動物のコロナウイルスは人間に簡単に感染する可能性があります。

SARS-CoV-2コロナウイルスの正確な起源を確立することはまだ可能ではありません。ほとんどの専門家は、ウイルスの祖先がコウモリの個体群を循環し、その後、いくつかの仲介者(おそらく野生動物)を介して人間に飛びついたと信じています。しかし、この中間宿主が正確に誰であったかは不明です。長い間、SARS-CoV-2に類似したコロナウイルスを持っている鱗甲目は、この役割の最も可能性の高い候補として挙げられてきました。さらに、ウロコの肉やうろこは東洋医学や料理で人気があるため、これらの哺乳類を飼育下で販売して調理すると、ウイルスが人間に感染しやすくなります。それにもかかわらず、現在、この仮説は専門家からの支持がますます少なくなっています。

中国の華東師範大学の趙敏周が率いる研究チームは、どの動物がSARS-CoV-2の中間宿主になり得るかについてさらに学ぶことにしました。彼らは武漢市の市場に焦点を合わせました。そして、それはcovid病気の最初のケースに関連していました。興味深いことに、2021年1月から2月に中国で活動したWHO委員会は武漢市場にも関心を持っていましたが、この時までに、動物とその肉を取引するすべての地元の生鮮市場は4か月間閉鎖されていました。ここで販売された種を正確に遡及的に調べる試みは失敗に終わりました。

Zhao-Min Zhouと彼の同僚は、中国での野生生物取引を扱ってきた長い歴史があるため、WHOの専門家とは異なり、自由に使える地元の生鮮市場の範囲に関する詳細な情報を持っています。 2017年5月から2019年11月まで、チームメンバーは、武漢の17の市場で、野生が捕獲されたか飼育下で飼育されたかにかかわらず、どの野生種を購入できるかを調査しました。調査方法には、販売者へのインタビューと製品検査が含まれていました。この研究の当初の目標は、どの動物が血小板減少症候群(SFTS)を伴うダニ媒介性急性熱の自然な貯蔵所であるかを確立することでした。

合計2年半で、武漢市場の売り手は、38種に属する36,295頭の陸上動物を販売したと研究者に語った。重量で販売された個人を考慮に入れると、売上高は約47,381人に増加します。武漢市場の品揃えに鱗甲目がなかったことは注目に値します。研究者たちは、売り手が他の保護種の違法取引について公然と話していたため、パンゴリンの販売を隠していたのではないかと疑っています。おそらく、市場に鱗甲目がないのは、中国中部でのこれらの動物の取引が近年事実上停止しているという事実によるものです(密猟者の過失によるこれらの哺乳類の数の急激な減少も一因です)。コウモリとフルーツコウモリも武漢市場では販売されていませんでした。しかし、専門家は、コウモリの肉を食べることによってコロナウイルスが人間に直接感染するという仮説を真剣に検討したことはありません(ソーシャルネットワークで人気があるにもかかわらず)。興味深いことに、武漢市場の野生の肉のコストは、豚肉、鶏肉、魚のコストの数倍でした。したがって、これらの製品は、貧困のためではなく、地位を維持するために購入されました。

武漢市場で購入できるほとんどすべての動物は、ほとんどが劣悪な状態でケージに入れられていました。研究者によって調べられた6種の哺乳類の約30パーセントは銃器または罠からの傷を残されました-それらが野生で取られたという証拠。同時に、売り手は購入した動物の屠殺と屠殺のためのサービスを買い手に提供しました。一般的に、市場の衛生状態は不十分でした。 17の市場のうち13は、キジ(Phasianus colchicus)やアムールハリネズミ(Erinaceus amurensis)などの認可された野生動物を取引する許可を持っていました。しかし、どの市場も商品の出所と検疫の通過に関するデータを提供できなかったため、野生動物のすべての取引が違法になりました。

武漢市場のすべての動物が肉用に販売されたわけではありません。たとえば、一般的な(Sciurus vulgaris)リスとキタリス(Callosciurus erythraeus)のリス、およびハッカチョウ(Acridotheres cristatellus)(人間の発話を模倣できる鳥)をペットとして購入できます。

したがって、SARS-CoV-2が実際に武漢市場に由来する場合、パンゴリンが人間への感染に関与している可能性は低いです。それにもかかわらず、多くの野生種の代表がここで売られ、衛生基準は深刻に違反されました。これらすべてが、動物からヒトへのコロナウイルスやその他のウイルスおよび細菌感染の伝播に有利な条件を作り出しました。

2020年2月、中国政府は野生動物の取引と消費を恒久的に禁止しました。しかし、趙明周と彼の共著者は、これが高い地位を示しているので、それが法律違反によるものであっても、中国人はブッシュミートを購入し続けるであろうと示唆している。したがって、新しい人獣共通感染症の蔓延のリスクは近い将来も残るでしょう。

多くの専門家は、コロナウイルスのパンデミックがソーシャルメディアでの野生生物の取引を遅らせることを望んでいました。しかし、エキゾチックなペットの売買に関するインドネシアとブラジルのFacebookグループからの2万件を超える投稿の分析では、これは起こらなかったことが示されました。投稿のわずか0.44%がパンデミックについて言及しており、野生生物の取引が新たな感染のリスクを高めると報告した著者や解説者はほとんどいませんでした。さらに、一部のトレーダーは、売上を拡大するための口実として検疫を使用しました。

トピックによって人気があります