「消費:ドイツ社会のもう一つの歴史」

目次:

ビデオ: 「消費:ドイツ社会のもう一つの歴史」

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 【今、世界はどうなっている?】林千勝×水島総 第8回「もう一つの帝国、ロックフェラーの歴史と力 / 日本的ではなく世界的、選挙と共に終わった『新しい資本主義』」[桜R3/11/20] 2023, 2月
「消費:ドイツ社会のもう一つの歴史」
「消費:ドイツ社会のもう一つの歴史」
Anonim

20世紀まで、当時は消費としてよく知られていた肺結核は死刑判決でした。かつて、この病気は微妙な精神組織の貴族的な兆候と見なされていましたが、その後、消費された患者は軽蔑され、迫害さえされました。病気に対するこれまたはその態度は、社会の構造と人間の生活に対する支配的な見方について多くを語っています。アンナ・クケスがロシア語に翻訳した本「消費:ドイツ社会のもう一つの歴史」(出版社「UFO」)では、歴史家のウルリケ・モーザーが、ドイツ社会の例を使用して、消費が「崇高な」病気からプロレタリアの病気、そしてスティグマに陥り、患者を暴力的な死に追いやる。 N + 1は、重度の結核患者の治療を拒否し、代わりに教育的機能を果たし、咳と喀痰の規律を持っていることで人々の病院を批判する一節を読むように読者を招待します。

Image
Image

病院への批判

20世紀の初めに、民間クリニックは、細菌学、社会衛生、外科などの最も進歩的な医学分野の代表者からの厳しい批判に直面しました。ロバートコッホのような細菌学者にとって、公立クリニックは不必要に見えました。彼らにとって、消費との戦いはその病原体との戦いを意味しました。結核の感染方法を研究した医師のGeorgKornetは、病院の非効率性を非難しました。「ヘルスリゾートの助けを借りて結核と戦うことは、パンやラードではなく、キャビアやカキを配布することで飢餓と戦うようなものです。」

療養所のように、病院は軽度の症例のみを治療し、時には消費が疑われる患者やすでに回復している患者ほど病気ではなく、その作業能力を最も早く回復させることができます。もちろん、そのような患者は病院の成功統計を改善しました。治療を受けなかった患者は、すぐに、または最初の数週間以内に帰宅しました。医師の意見では、妊娠が病気の経過に悪影響を与える可能性がある場合、妊娠中の女性でさえ退院しました。ある医師は、「私たちの病院での仕事の最悪の部分は、貧しい、重病の人々を家に送ることです」と書いています。少なくとも、患者は自分たちが結核の開いた形をしていて、長く生きる必要がないことを確かに知っていました。医師が入院していない場合は、死刑判決を検討してください。

批評家は、軽度の症例のみを治療し、無視された感染性の症例を家族と一緒に死なせ、親戚や友人に感染を広めたとして病院を非難した。細菌学者は、患者の肺を治療するだけでなく、感染が広がらないように重い肺を隔離することも要求しました。 1903年に免疫学者のエミール・フォン・ベーリングは、「咳をする結核患者はまだ健康な人から隔離され、隔離されるべきである」と提唱した。

人々の病院の最も厳しい批評家は、彼の時代の最初の社会衛生士の一人であり、後に国会議事堂の社会民主党の健康委員会のスポークスマンであるアルフレッド・グロティアンでした。病院は結核と効果的に戦うという使命を果たしていません。グロティアンは病院を「宣伝と洗眼」と見なしました。コッホとベーリングと共に、グロティアンは重度の感染性結核患者の強制隔離さえ主張しました。批評家は権威が強すぎて、病院は彼らの非難を単に無視することができなかっただけでなく、彼らの成功の明白な証拠を提示することができませんでした。

病院は、臨床機能ではなく社会経済的使命と「相対的回復」と「改善」を優先することで対応した。患者が比較的回復したと見なされるとすぐに、この診断が退院の理由となり、それは患者が職場に戻ることを許可されたことだけを意味しました。帝国保険協会の統計は、1897年から1914年までの結核病院の成功を、患者が退院後5年間働くことができたという事実にまで減らしました。これを考慮に入れると、治療の成功率は92%に跳ね上がりました。

「健康」と診断された患者は、昔の生活、昔の不健康な環境、激しい強制労働に戻り、再び飢えなければなりませんでした。 「鉄の必要性、家族から離れることができなくなったことで、結局、私は労働者の宿舎に戻り、工場に戻った」とブロムは書いた。彼には選択の余地がなかった。入院後2年以内に再び健康状態が悪化し、再び入院し、同じ状況で退院し、再び工場に戻った。彼の3回目の入院中に、ブロムは彼の伝記を書きました。

保険会社がこれほど誇りに思っていたサクセスストーリーは非常にまれでした。病院から工場に戻る労働者の調査も保険会社によって文書化されており、非常に異なる統計が得られました。治療終了後、1908年に治療を受けた患者の81%が回復したと宣言されました。 1909年の終わりには、治療終了から5年後の48%で、彼らの66%しか働けませんでした。患者の30〜50%が入院後5年以内に死亡しました。

必要性と現実の間の矛盾は巨大でした。そのため、病院は感染症の予防や衛生的な生活習慣のある患者さんの教育というよりも、患者さんの治療を目的としており、回復を希望する軽度の患者さんにしか意味がありませんでした。衛生教育は、結核の予防、彼の状態に対する患者の責任、そして彼が他人に感染しないことを確実にすることに焦点を合わせました。

病院は彼らの任務を一般的な衛生と清潔さであると宣言しました-家の清潔さ、衣服、健康的な食事、そして悪い習慣の拒絶。産業労働者に贅沢と思われたことは、道徳的および肉体的な衛生だけでなく、ブルジョアの生き方やブルジョアの価値観自体の必要性を彼らに示したはずです。

病院での治療の目標は、「無知で、鈍く、偏狭で、表面的で軽薄な、群衆の普通の人から、勤勉と必要性に疲れ果て、エネルギッシュで、陽気で、啓発され、衛生的な性格で、模範的な規律を持って教育することでした。肺の患者。」

患者の日は分単位でスケジュールされました。患者は「昼食の呼びかけに慣れ、一定時間空腹感を調整する」必要があった。衛生教育は、患者さんの仕事の能力を回復させることを目的としており、これには健康的なライフスタイルが必要です。 「もちろん、医師は私たちに、清潔さ、体の衛生状態を維持し、洗って、十分に食べ、飲酒を避け、退院後はシャツを頻繁に着替えるように勧めました」とブロムは書いています。

唾吐きについて

ロバート・コッホが結核菌を発見した直後、科学は、主にゲオルク・コーネットの研究のおかげで、結核の主な感染経路は患者の喀痰であると判断しました。それで、コルネットは「結核患者の感染の危険は痰の不注意な喀痰にある」と書いた。

病院では、健康な人が痰や唾液に触れないように咳をするように教えられました。消費者の患者は「正しく咳をする」ように訓練されており、バチルスは話したりキスしたりすることによっても伝染することを覚えておいてください。1911年の結核の参考書の1つは、次のように述べています。感染源。」

間もなく、喀痰との闘いは単なる病院の使命ではなくなり、結核を予防するための公的キャンペーンの目標となりました。国民は「ランダムに唾を吐く」と「咳のしつけの欠如」が危険であることを学ばなければなりませんでした。大都市では、唾液や痰をいたるところに吐き出す「悪い民俗習慣」に反対するキャンペーンがありました。地面に唾を吐くだけでも、靴の裏にも感染が広がる可能性があるため、危険であると考えられていました。

唾吐き防止キャンペーンでは、公共のスピットンをいたるところに配備する必要がありました。プロイセン政府とベルリン警察はすぐに要求に応じ、ドイツの他の地域はその考えを採用しました。公的機関には、学校、病院、省庁、事務所、局、事務所、工場、教会、駅、客車などのスピットンが装備されていました。どこにでもある看板は、地面に唾を吐くことを禁じています。同時に、宣伝チラシ、メモの配布、講義、学校での特別授業、写真の配布、展示会、演劇など、衛生的な唾吐きをテーマにした演劇が行われました。

患者は例外的な衛生状態に命じられました。住居、衣服、体は清潔に保たれなければなりませんでした。 「爪、歯、口全体を含む手は、徹底的かつ頻繁に洗う必要があります。指を口に入れたり、鼻に刺したり、爪で顔を引っ掻いたりすることは許されません。衣服も清潔に保つ必要があります!ドライクリーニングはウェットクリーニングに置き換える必要があります。必要に応じて、ソーダまたは高温の液体石鹸の溶液で処理する必要があります」と、1900年のベルリンの結核対策リーフレットに規定されています。患者が触れたもの、着たもの、呼吸したものはすべて、徹底的にすすぐ必要がありました。

看護師の職務内容は次のとおりです。「患者は自分のカトラリー、食器、リネンを使用する必要があり、他の人、特に子供にそれらを渡してはなりません。患者は子供たちにキスをすることは許されていません。」

ブルジョアの環境では、彼らは感染することを恐れていました。コッホによれば、人口密度の高い地域では、結核患者との接触が最も可能性が高かった。しかし、消費者の患者は外向きの兆候を示さないことがあるため、出会ったすべての人が病気であるかのように振る舞う必要がありました。結核菌は、遍在する目に見えない危険として感じられました。 「結核の患者は、手、唇、衣服、触れることができるすべてのもの、あらゆる道具や道具、咳をする可能性のあるすべてのもの、口に入れられたものなど、いたるところに痰の痕跡を残します。中古;患者の周りはすべてバクテリアで覆われています。」特にプロレタリア独裁者からの消費患者は、もはや思いやりの対象ではなく、恐れられて敬遠され、危険な桿菌の保因者になり、病気自体が汚名に変わりました。

消費者の苦しみはその高尚さを失いました、彼らは今や社会のより低い階級、不道徳と貧困に属することを意味しました。消費は社会の底辺に「下降」し、ブルジョアジーの観点からは、芸術にとってより価値のある対象ではありませんでした。

しかし、アート自体は別の意見でした。宣伝されたブルジョアの美しさ、限界、気取らないこと、そして正しさに対する明白な反対の中で、芸術は新しい言語を求め、異なる美学を追求し、異なる方法で病気を描写しました。 20世紀初頭の芸術は、消費を哀れみもなく、屈辱もなく、冷静に扱い、消費をそのまま描写しました。深刻な恐ろしい病気、苦しみ、人とその家族の命を破壊する苦しみとして、別の結果を期待せずに差し迫った死を期待する。

トピックによって人気があります