アメリカ人は平均的な地上ロボットをテストしました

ビデオ: アメリカ人は平均的な地上ロボットをテストしました
ビデオ: 【海外の反応】ロボット人間を作り出す「日本の教育」なんか受けさせない!イギリス人女性が我が子の為に日本の学校を見学した結果…【日本人も知らない真のニッポン】 2023, 2月
アメリカ人は平均的な地上ロボットをテストしました
アメリカ人は平均的な地上ロボットをテストしました
Anonim
Image
Image

米陸軍は、RCV-M中型地上ロボットプロトタイプの最初の発射テストを実施しました。 30mm XM813大砲とM240機関銃を発射し、軍は改造されたブラッドリー装甲車両から遠隔操作しました。

アメリカ軍の指揮は、2028年までに軍隊への軽、中、重の戦闘ロボットの供給を組織する予定です。軍は昨年秋に軽量RCV-Lの最初のバッチを受け取り、すでにそれらをテストしています。 RCV-Lは重量が3トンで、比較的コンパクトです。V-22オスプレイティルトローターとCH-47チヌーク多目的ヘリコプターの貨物室で輸送できます。

RCV-M中型ロボットの4つのプロトタイプが、5月下旬に米陸軍司令部に納入されました。 Textronによって開発されました。 RCV-Mは、映画「マッドマックス」、「コブラスロー」、「ワイルドスピード」で有名な、リップソー戦車の無人バージョンです。無人リップソーの重量は約10トンで、最大2.7トンの戦闘負荷を運ぶことができ、30mmの大砲で武装しています。開発者によると、ロボットはターゲットを自動的に検出して分類し、オペレーターの指示でターゲットを攻撃することができます。

RCV-Mの発射テストは6月30日に行われました。軍はRT40戦闘モジュールの統合をテストしました。その兵器は30mmXM813大砲とM240機関銃で構成されています。テスト中、ロボットは両方の銃を発射しました。改造されたブラッドリー装甲車両に搭載されたコントロールステーションを使用して、リモートで制御されました。

米軍は、ロボットが戦闘任務を遂行するだけでなく、弾薬を輸送することも望んでいます。以前、私たちはMUTTロボットポーターについて書きました。これは72時間動作し、最大100kmの距離をカバーできます。米軍もそれらを採用することができます。

トピックによって人気があります