古典派のマヤは塩をお金として使うことができた

ビデオ: 古典派のマヤは塩をお金として使うことができた

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: Прохождение Resident evil 7 (biohazard 7) #3 Изгоняющий Грута или финал резьбы 2023, 1月
古典派のマヤは塩をお金として使うことができた
古典派のマヤは塩をお金として使うことができた
Anonim
Image
Image

考古学者のヘザー・マキロップは、古典派時代(AD 300-900)にマヤによって塩が支払い手段として使用された可能性があると結論付けました。この製品は、実用性、価値、携帯性、分割可能性などの商品マネーの重要な要件を満たしています。古代の塩田の遺跡から得られた考古学的データに基づいて、著者は、蒸発によるセラミックの標準化は、提唱された仮説の実行可能性を示していると結論付けました。 Journal of AnthropologicalArcheologyに掲載された記事。

メソアメリカの文明では、ヨーロッパ人に征服される前は、さまざまな物がお金の役割を果たしていました。そのため、アステカ族の間では、スペイン人の到着、クアハトリ、金、貴重な翡翠、そして「金の斧」として知られるものを含むさまざまな銅製品などの特別な綿織物の到着さえ生き残ったカカオ豆が普及しました。一部の研究者は、奴隷や熱帯の鳥の羽などの他の物体がこの役割で使用された可能性があると示唆しています。マヤには、それほど広くて多様なお金のセットがありました。さらに、これらすべての種が並行して循環している可能性があります。

有名なカナダ系アメリカ人の考古学者であるルイジアナ州立大学のマヤの科学者ヘザーマキロップは、マヤインディアンが地元の市場で古典時代(西暦300〜900年)の計算に塩と塩ケーキを使用したという仮説の確認を見つけようとしました。彼女の研究は、ベリーズ南部のペインズクリーク製塩所の古代遺跡からのデータに基づいています。塩はここで、特別な厨房(棒とわらでできたかなり大きな建物)で火(練炭)の上で陶器の塩水を沸騰させることによって生産されました。 McKillopは、民族誌的類似性に基づいて、沸騰すると緩い塩または火​​で固められたケーキが生成され、それが土鍋または固体の形で消費者に輸送されたと説明しました。

Image
Image

塩を生産するための容器の3D再構築

考古学者は、第三者の研究に依存しており、お金としての塩には、有用性、価値、移植性、認識可能性、分割可能性、破壊不可能性、価値の安定性、均質性など、いくつかの性質が必要であると述べました。これに基づいて、彼女はマヤの塩が保存しやすい有用な商品(調味料、防腐剤)であるという彼女の立場を述べました。持ち運びに便利で、見た目も味も見分けやすく、流動性と固形性の両方に分かれています。

McKillopは、彼女のアイデアを発展させて、次のことがお金としての塩の使用の証拠として役立つことができると指摘しました:マヤは塩の標準的な単位を作りました-ケーキ。塩を焼いた陶器の残骸が大量に見られます。 400以上のアーティファクトを分析した後、彼女は、塩生産用の容器は、たとえば水用の容器よりも標準化される傾向があることに気づきました。同時に、著者は、お金を生み出すために「標準化された」カテゴリーと「十分に標準化された」カテゴリーを自信を持って区別できる確立されたしきい値はない、つまり、何らかの慣習に頼らなければならないと述べた。

McKillopは、有名なカカオ豆と一緒に、塩ケーキがおそらくお金として、または会計のために市場で使用されたと結論付けました。示されたデータに加えて、これは他の状況、例えば、塩自体の過剰な抽出の証拠によって間接的に確認されます。

世界のさまざまな地域での商品マネーの歴史が私たちの資料で取り上げられたのはこれが初めてではありません。先ほど、ポストクラシカルメソアメリカでの支払い手段としてのカカオ豆の普及について話しました。また、鋳造における偶発的な標準化が、ヨーロッパでブロンズリングをお金の形に変えたことを示しました。

トピックによって人気があります