WHOは、結核との闘いにおけるロシアの成功を称賛します

WHOは、結核との闘いにおけるロシアの成功を称賛します
WHOは、結核との闘いにおけるロシアの成功を称賛します
Anonim
Image
Image

世界保健機関の報告によると、2017年の世界の結核の新規症例数は1,000万人で、前年比2%減少し、ロシアでは5%減少しました。この病気による死亡率も低下しているが、組織の代表者によると、これまでのところ、2030年までに結核を世界的に根絶するのに十分なことが行われていない。

この報告書は、9月26日にニューヨークで開催される結核に関する国連ハイレベル会合に先立って作成されました。会議には、50人の国家元首と政府首脳が出席します。 WHOは、結核による5400万人の死亡が、2000年以降、世界中で回避されていると推定していますが、世界的には、依然として感染症による死亡の大部分を占めています。

2017年には、結核による死亡者数は160万人で、そのうち30万人がHIVに感染しています。2000年以降、HIV陽性者の結核による死亡者数は44%減少し、HIV陰性者の死亡者数は29%減少しています。新規症例数は1,000万人で、2%減少しました。ヨーロッパやアフリカなど、発生率が2013年から2017年の間に毎年5%と4%減少した一部の地域では、減少がより速くなっています。すべての新規症例の3分の2は、インド、中国、インドネシア、フィリピン、パキスタン、ナイジェリア、バングラデシュ、南アフリカの8か国で発生しています。

WHOは、昨年11月に結核撲滅に関する世界会議が開催されたロシアでは、政府の積極的な取り組みにより、結核の死亡者数(13%)と新規症例数(5%)が急速に減少したことを強調しています。組織によると、2017年のロシアの10万人あたりの結核による死亡率は7.3人であり、総症例数は10万人あたり約60人です。ロシアの治療範囲は98%と推定されています。

WHOによると、結核の薬剤耐性の問題は依然として深刻です。2017年には、少なくとも55.8万人が、最も効果的な一次抗結核薬であるリファンピシンに耐性のある結核に感染しました。これらの人々のほとんどでは、結核はリファンピシンとイソニアジドの両方に多剤耐性があります。 MDR-TBの治療効果は55%と推定されています。

WHOはまた、結核に感染した1,000万人のうち約360人が自分の診断に気付いていないか、公式の統計に含まれていないと述べています。治療範囲はわずか64%です。この病気を根絶するという世界的な目標を達成するには、2025年までに90%になるはずです。組織は、貧しい国々が2018年に結核を予防および治療するための約35億ドルを欠いていたと推定しており、チェックしないままにすると、このギャップは2022年までに61億ドルに拡大します。ワクチンの開発、新しい診断と治療の方法には、さらに年間13億ドルが必要です。

2017年の終わりに、アメリカの科学者たちは尿検査によって結核を診断する方法を提案しました。 1年前、アメリカと南アフリカの研究者は、発展途上国での使用に適した、結核の迅速な診断のための感度の高い方法を発表しました。

トピックによって人気があります