トウモロコシは家畜化から5000年後に大量に食べられ始めました。

ビデオ: トウモロコシは家畜化から5000年後に大量に食べられ始めました。

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 採りたてトウモロコシを畑で食べてみた 19/7/8 2023, 1月
トウモロコシは家畜化から5000年後に大量に食べられ始めました。
トウモロコシは家畜化から5000年後に大量に食べられ始めました。
Anonim
Image
Image

トウモロコシは約9000年前に家畜化されたという事実にもかかわらず、わずか約4000年前に中央アメリカの住民の食生活で優勢になりました。これは、ベリーズの山々にある2つの洞窟からの人間の遺体の同位体分析を分析した科学者が到達した結論です。彼らの研究結果は、ジャーナルScienceAdvancesに掲載されています。

トウモロコシ(Zea mays)は、世界で最も人気のある穀物の1つです。遺伝データによると、この穀物は約9000年前に現代メキシコの領土で家畜化され始め、その後、北アメリカと南アメリカへの複雑な経路を通って広がりました。しかし、これまで、この地域の住民の食生活においてトウモロコシがいつ支配的な地位を占めたのかは不明でした。

この質問への答えは、カリフォルニア大学サンタバーバラ校のダグラスJ.ケネットが率いる研究者チームによって決定されました。科学者たちは、ベリーズのマヤ山地にある2つの住宅の洞窟で見つかった52の人間の骨格の炭素同位体の比率を分析しました。これらの避難所では、過去1万年にわたって人間の骨や歯が蓄積されており、中央アメリカで唯一の考古学的情報源となっています。

9600〜4700年前の遺跡では、13C同位体の含有量が少ないことがわかりました。これは、当時、マヤ山地の少数の人口が、トウモロコシを含むC4光合成を食物として使用する植物をめったに消費しなかったことを示しています。中央アメリカの住民のほとんどは、熱帯雨林の野生植物とそれらを食べた動物に依存していました。

人間がすでに家畜化された文化を4000年近く無視してきたのは奇妙に思えるかもしれません。このパラドックスは、もともととうもろこしの穂軸と粒が人間が消費するには小さすぎたという事実によって説明され、それはアルコール飲料を作るために使用された茎からの甘いジュースのために育てられました。突然変異植物の出現とさらなる選択だけが、この穀物を貴重な食料資源に変えました。

25パーセント以上のトウモロコシを含む食事の最初の証拠は、4、700年から4、000年前にさかのぼります。同位体分析データは、この穀物の穀物の消費を明確に示しています。ただし、移行期間中の依存度は人によって大きく異なります。

4、000年前、トウモロコシはついに中央アメリカで一貫して高い(70%以上)食事シェアを獲得しました。古生態学的な再構築によって証明されるように、その瞬間から、農業の必要性のために大規模な森林破壊が始まりました。ラテンアメリカの他の地域からの同位体データは、トウモロコシが後にそこでの食事の主流になったということを示しています。たとえば、南アメリカでは3500年前に発生し、北アメリカでは2500年前に発生しました。

以前、研究者は別の重要な農作物であるコメの進化がどのように起こったかを明らかにすることができました。その多様化と流通は約4000年前に始まったことが判明しました。その前に米が主に中国で栽培されていたとしたら、後に発生した品種は韓国、日本、東南アジアに浸透しました。

トピックによって人気があります