2型糖尿病のリスクが低いことに関連する果物と野菜の消費

ビデオ: 2型糖尿病のリスクが低いことに関連する果物と野菜の消費
ビデオ: 糖尿病患者が食べてはいけない果物、100%フルーツジュースでも糖尿病リスクが上がる ♯49【糖尿病 食事】あの果物で血糖値が上がってしまう理由 2023, 2月
2型糖尿病のリスクが低いことに関連する果物と野菜の消費
2型糖尿病のリスクが低いことに関連する果物と野菜の消費
Anonim
Image
Image

ヨーロッパ8カ国からの2万人以上のサンプルに関するコホート研究の結果、科学者は野菜と果物の消費、血漿中のビタミンCとカロテノイドの含有量、および2型を発症するリスクの低下の間に相関関係があることを発見しました。糖尿病。記事はBritishMedicalJournalに掲載されました。

科学者たちは、果物や野菜を積極的に摂取することで2型糖尿病を発症するリスクを減らすことができると示唆していますが、このトピックに関する科学的証拠は矛盾しています。以前の研究では、果物の消費量はほとんどの場合アンケートを使用して評価されていましたが、それらの研究では、人々は主観的に質問に答え、評価が間違っている可能性があります。

アンケートの代わりに、科学者たちはビタミンCとカロテノイドのレベルを測定することを考え出しました。多くの研究は、血中のこれらの物質の含有量が消費された果物と野菜の量に比例することを示しました。しかし、血漿ビタミンCと糖尿病との関連についての広範な研究はまだ行われていません。これには、さまざまな国のさまざまなライフスタイルの人々が含まれます。

ケンブリッジ大学のニタ・フォロウヒが率いる英国、ドイツ、デンマーク、スペイン、イタリア、中国、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、フランス、スウェーデンの科学者(11か国から41の研究所)が大規模なコホート研究を実施しましたEPICプロジェクトの一環として。InterAct。 1991年から2007年にかけて血液検査を監視および収集したヨーロッパ8か国からの340,234人の研究参加者のうち、12,000人以上が2型糖尿病であることが確認され、さらに16,000人が対照としてランダムに選択されました。実験グループの参加者の追跡期間の中央値はほぼ10年でした。

研究者らは、血漿中のビタミンCとカロテノイドの含有量(平均バイオマーカーを計算)が果物と野菜の消費量に依存していることを確認しました。平均して、糖尿病を発症した研究参加者は、健康なボランティアよりもバイオマーカー値が低かった。年齢、性別、社会経済的状態、ライフスタイル、および肥満を調整した後、ビタミンC、カロテノイド、およびバイオマーカーの平均レベルが最も高いグループに属していた人々は、42、49、および糖尿病を発症するリスクが低かった。50%それぞれ。

Image
Image

糖尿病を発症するリスク(左軸、紫色のグラフ)と平均的なバイオマーカーからの消費された果物の量(右軸、ピンクのグラフ)の関係(血漿中のビタミンCとカロテノイドの濃度を考慮)

結論として、研究者たちは、一般的に果物や野菜をほとんど食べない人々にとって、摂取量のわずかな増加でさえ、2型糖尿病を発症するリスクを減らすのに役立つと推定していると述べています。

科学者たちは、食事と糖尿病の関係についての別の一般的な信念に反論しました。18の記事のメタアナリシスの結果、フルーツジュース(砂糖なし)の消費と2型糖尿病を発症するリスクとの相関関係を見つけることができませんでした。糖尿病。

トピックによって人気があります