古代の草原は大麻の流通業者であることが判明しました

ビデオ: 古代の草原は大麻の流通業者であることが判明しました

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 久保田麻三留の月食報告と ほぼ終了?霜月の台風【久保田解説委員の天羅万象】(54)(2021年11月26日) 2023, 1月
古代の草原は大麻の流通業者であることが判明しました
古代の草原は大麻の流通業者であることが判明しました
Anonim

麻(大麻)は、人間が栽培し始めた最も古い植物の1つです。薬用植物として、茎は衣服、ロープ、紙の製造に使用され、麻油と種子は消費され、花と麻の花粉は向精神薬として使用されました。ギリシャの歴史家ヘロドトスは麻の使用について書いています。トラキア人は麻から非常に似た服を作るので、特に精通していない人は麻か麻かを区別することさえできません。そして、麻の生地を見たことがない人は誰でも、それをリネンに持っていきます。

この麻の種を取り、スキタイ人はフェルトのパオの下を這い、それを熱い石の上に投げます。これは、ギリシャのスチームバスがそのようなバスと比較することができないほど強い煙と蒸気を生成します。それを楽しんで、スキタイ人は喜びで大声で叫びます。

大麻の栽培、特性、使用法に関する豊富な情報にもかかわらず、その栽培化の歴史は未踏のままです。科学者は、中国と中央アジアの2つの可能性のある場所を挙げています。しかし、中国や中央アジアで大麻が栽培され始めたという考古学的証拠はありません。

ベルリン自由大学の科学者たちは、大麻の化石を含む人工物の発見に言及した考古学研究のコレクションをまとめました。次に、研究者たちは、植物の移動経路を決定するために、見つかった化石の場所と年齢をマッピングしました。約3000年前、人々は大陸を積極的に旅し始めたので、選ばれた作品の作者はこの年齢よりも古いものしか見つけません。

Image
Image

薬用植物のケーラーのアトラスにある大麻の画像

最も古い大麻の化石は東アジアで発見され、その年齢は約10,000歳であり、中央および東ヨーロッパ(8,000歳以上)であることが判明しました。どうやら、ヨーロッパの古代の住民は非常に積極的に麻を使用していました、これらの地域で見つかった石化した花粉と花序は8000-5000年前の期間にさかのぼります。東アジアでは、麻の積極的な使用は約4000〜5000年前に始まり、より多くの古代の化石がここで見つかる頻度ははるかに少なくなっています。ユーラシアの他の地域の遺物では、麻の化石はまれであり、それほど古くはありませんでした。南西アジアで見つかった最も古い遺跡は5000〜6000年前のもので、南アジアの化石は3000〜4000年前にさかのぼります。

研究者たちは、ヨーロッパと東アジアの住民が互いに独立して大麻を栽培し始めたことを示唆しました。考古学者によると、5500年から4500年前に東ヨーロッパの草原に住んでいたヤムナヤ文化の代表者は、向精神薬として麻を使用していました。ある仮説によれば、ヤムナヤ文化の人々は西に移住し、ヨーロッパ言語の先祖の一人でした。彼らは大麻の儀式的な使用を彼らと一緒に持ってきたかもしれません。

5000〜6000年前、草原の人々(ヤムナヤ文化の人々とその東の隣人)は馬を飼いならし、より移動しやすくなりました。最近の遺伝学的研究によると、4、000〜5、000年前の草原の住民は、東に向かってアルタイに移住し、さらにモンゴルと中国北部に移住した。どうやら、草原の住人はユーラシアの異なる地域間の商品の交換に重要な役割を果たしました;数千年後には同じ役割がグレートシルクロードに沿って旅行する商人によって果たされるでしょう。用途の広い植物である麻は、貿易における「お金」に相当するものとして役立つ可能性があり、交換のために栽培された可能性があります。ただし、記事の筆頭著者であるTenguyen Longによると、この仮説には追加の証明が必要です。

トピックによって人気があります