Covidによる血栓症のリスクはワクチンと比較して高かった

ビデオ: Covidによる血栓症のリスクはワクチンと比較して高かった

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: J&Jワクチン EMA「血栓症と関連ある可能性」【新型コロナ】 2023, 2月
Covidによる血栓症のリスクはワクチンと比較して高かった
Covidによる血栓症のリスクはワクチンと比較して高かった
Anonim
Image
Image

コビッドによる脳および門脈血栓症を発症するリスクは、RNAワクチンによるコビッドに対するワクチン接種のリスクよりも有意に高いです。 osf.io Webサイトの記事のプレプリントで報告されているように、科学者は、covidまたはインフルエンザにかかった患者またはcovidに対するワクチンを受けた患者の100万を超える電子医療記録を分析した結果、この結論に達しました。彼らの予備計算によると、COVID-19の後に血栓性合併症を発症するリスクは、ワクチン接種後の状態と比較して約8倍高くなっています。

2021年の春、さまざまな国の科学者が、アストラゼネカからコロナウイルスワクチンを導入してから2週間以内に、血栓症を伴う血小板減少症(血小板数の減少)を発症したと報告し始めました。このため、一部の国ではこのワクチンの使用を停止しています。欧州医薬品庁が血栓症をワクチンの非常にまれな副作用として認識し、他の科学者がワクチン接種後のこれらの血栓症の原因を説明することに成功したという事実にもかかわらず、コロナウイルスワクチン接種後の血栓性合併症のトピックは引き続き関連しています。

オックスフォード大学のMaximeTaquetと彼のチームは、covidとインフルエンザの患者、およびファイザー/ BioNTechまたはModernaのRNAワクチンを接種された人々の電子記録を研究しました。研究者らは、3つの状態すべてにおける脳および門脈血栓症の発生率に関心があり、血栓症のコビッドおよびインフルエンザの症例は、診断から2週間以内に発生した場合に分析に含まれました。診断の検索は、第10改訂の国際疾病分類のコードに従って実行されました。

covidの患者のグループには513,284人の患者が含まれていました。半数強が女性で、平均年齢は46.6歳でした。 covidのすべての患者のうち、20人が脳静脈血栓症と診断されました(絶対リスクは100万人あたり39.0人)。同時に、心血管疾患、例えば、脳および前脳動脈の狭窄または閉塞、および頭蓋内出血の患者の間でリスクが有意に高かった。 30歳未満の患者で6例、30〜39歳で4例、40〜49歳で2例、50〜59歳で2例、60〜69歳で3例、70〜79歳で3例が観察されました… 3人の患者はCOVID-19と診断される前に静脈瘤を持っていました。

インフルエンザと比較して、脳静脈血栓症のリスクは、COVID-19後に有意に高かった(p = 0.003)。インフルエンザグループ(172,742人の患者)では、血栓症の絶対リスクは100万人あたり0、0でした(信頼区間0、0-22、2)。ワクチンのグループ(489,871人の患者)では、脳静脈血栓症の2つのケースのみが観察されました:最初のケースでは、患者はファイザー/ BioNTechワクチンを受け取りました(合計331,503人が研究でこのワクチンを受け取りました)。 2番目のケースでは、患者がどのワクチンを接種したかについての情報がありませんでした。平均絶対リスクもcovidと比較して低く、100万人あたり4.1でした(p <0.001)。

さらに、covidに関連する脳静脈血栓症のリスクも、アストラゼネカのワクチン接種後に欧州医薬品庁によって現在報告されているリスクよりも高かった。現在、3400万人中169人、つまり100万人あたり5,0人である。 covid後2週間以内の脳静脈血栓症患者の死亡率は20.0%でした(20人の患者のうち4人)。

科学者は、門脈血栓症の症例に対して同じ分析を行いました。 COVID-19の診断後2週間以内の絶対発生率は、100万人あたり436.4人でした(1グループあたり224例の門脈血栓症)。インフルエンザ群(100万人あたり98.4人)およびワクチン群(100万人あたり44.9人p <0.001)よりも有意に高かった(p <0.001)。

最後のグループでは、22例が観察されました。それらの半分はファイザー/ BioNTechのワクチン接種後に発生し、Modernaワクチンのワクチン接種後に2例(合計70939人の患者)であり、残りの9人がどのワクチンを接種したかは不明です。 covid後の門脈血栓症による死亡率は18.3%でした(224人の患者のうち41人)。

Image
Image

脳静脈血栓症の頻度

Image
Image

門脈血栓症率

科学者は、covidグループでのみ実験室のパラメーターを研究することができました。これらのデータは、脳静脈血栓症の患者の大多数をカバーしていませんが、これらの患者のサブセットは、血栓症を発症しなかったCOVID-19患者よりも有意に高いD-ダイマーレベルを持っていたことを示しています。同時に、門脈血栓症の患者は、フィブリノーゲンと血小板減少症のレベルが大幅に低下する傾向がありました。

これらの発見は繰り返して確認する必要がありますが、COVID-19における深刻な血栓性イベントのリスクを浮き彫りにします。この研究では、その設計上、リスクの大きさを確実に定量化することはできませんが、COVID-19後に血栓性合併症を発症するリスクは、ワクチンと比較して約8倍、人口レベルと比較して約100倍高くなっています。したがって、現在のデータは、covidの深刻な血栓性合併症のリスクを強調しており、既存のCOVID-19ワクチンのリスクと利益のバランスについての議論に役立つ可能性があります。

コロナウイルスワクチンの副作用について詳しくは、記事「苦しみは避けられないのですか?」をご覧ください。

トピックによって人気があります