ガニメデの亀裂は、太陽系で最大の衝撃構造と見なされていました

ビデオ: ガニメデの亀裂は、太陽系で最大の衝撃構造と見なされていました

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 【ガリレオ衛星 ガニメデ 】超巨大隕石衝突事件が物語る3つの太陽系最大要素!! 海の含有量が地球の10倍!? 木星探査Junoの功績と JUICE 木星氷衛星探査計画(木星 第3衛星) 2023, 2月
ガニメデの亀裂は、太陽系で最大の衝撃構造と見なされていました
ガニメデの亀裂は、太陽系で最大の衝撃構造と見なされていました
Anonim
Image
Image

ガニメデのマリウス地域の亀裂

イカルス誌によると、木星の最大の月であるガニメデの亀裂は、別の大きな天体と衝突した後も残っていた可能性があります。科学者の仮説が正しければ、観測された軌道は、今日知られている最大の衝撃構造と見なすことができます。

ガニメデは太陽系で最大の衛星であり、水星よりもさらに大きい、太陽系で9番目に大きい天体です。その直径は5、2000キロメートルであり、その質量は月の質量の約2倍です。ボイジャー1号、ボイジャー2号、ガリレオなどのさまざまな宇宙ステーションを使用したガニメデの調査では、その表面がそれぞれ幅数キロメートルの同心円状の溝で覆われていることが示されています。天文学者たちは、月が別の天体と衝突した結果として亀裂が現れた可能性があると考えていましたが、イベントの強さと規模はまだ不明でした。

神戸大学の平田直幸らは、過去のミッションの画像を再分析したところ、ガニメデの亀裂がこれまで考えられていたよりも大きいことがわかりました。彼らの推定によると、溝の長さは約16000キロメートルです。つまり、溝は木星の衛星の表面をほぼ完全に取り囲んでいます。天文学者によって構築されたシミュレーションは、ガニメデと直径300キロメートルの別の天体との衝突の結果として亀裂が現れた可能性があることを示しました。これが本当なら、木星の月の痕跡は太陽系で最大の衝撃構造であり、南極エイトケン盆地よりもさらに大きく、長さは2500キロメートルです:科学者によると、それは200キロメートルの小惑星。

著者らは、約40億年前、マリウス地域として知られる地域で、未知の天体がガニメデに落下したと推測しています。それ以来、火山活動と地殻変動により衛星の表面は大きく変化し、表面から足跡の一部が消去されました。しかし、溝は表面の約3分の1を覆う古くて暗い領域に残っているため、天文学者は衝突から残っている亀裂を見ることができますが、衝突クレーター自体は見ることができません。

小惑星の落下は、ガニメデの地質学と内部進化に大きな影響を与えたはずです。したがって、JUICEやEuropa Clipperなどの将来のミッションからのデータは、著者の結論を検証します。

以前、科学者たちは、ガニメデが別の衛星であるイオとともに、木星の極で観察されるオーロラに痕跡を残すことを発見しました。

トピックによって人気があります