木星の南極にチュクチサイズの渦が形成される

ビデオ: 木星の南極にチュクチサイズの渦が形成される
ビデオ: 【ゆっくり解説】新たに分かった木星の謎3選【宇宙】 2023, 2月
木星の南極にチュクチサイズの渦が形成される
木星の南極にチュクチサイズの渦が形成される
Anonim
Image
Image

木星の南極の赤外線画像。新たに発見されたサイクロンが右下隅に見えます。

木星を過ぎた最近の接近フライバイの間に惑星間ステーション「ジュノ」は、惑星の南極に現れた新しい渦を発見しました。 NASAのウェブサイトによると、現在、すべての乱気流は中央のサイクロンを囲む通常の六角形を形成しています。

木星の極の渦は、土星の極嵐と同様に、理論的には長い間存在していましたが、2016年半ばに惑星探査プログラムを開始した自動惑星間ステーション「ジュノ」によってその存在が確認されました。 。この装置によって収集されたデータは、木星の北極地域に直径4000から4600キロメートルの8つの極循環サイクロンがあることを示しました。それらは直径約4000 kmの1つの極サイクロンを取り囲み、正八角形を形成します。そして、惑星の南極では、1つの極サイクロンが直径560​​0から7000キロメートルの5つの周極サイクロンに囲まれています-正五角形が形成されています。両方の渦システムは驚くほど安定していてコンパクトであることが判明し、それらの風速は時速350キロメートルに達しました。

2019年11月3日、惑星を通過する23回目の接近飛行中に、ステーションは木星の南極で新しいサイクロンを発見しました。極域のJIRAM(Jovian Infrared Auroral Mapper)赤外線画像と、JunoCam車載カメラで撮影された光学画像の両方ではっきりと見えます。新しい渦のサイズは、チュクチの面積よりもわずかに小さく、他の渦よりもわずかに小さくなっています。その中の風速は時速362キロメートルに達します。

一緒になって、渦は中央のサイクロンを囲む通常の六角形に似たコンパクトな図形を形成します。システム全体は非常に安定しており、新しいサイクロンの出現によってシステムが破壊されることはありませんでした。

Junoは引き続き木星の極域を監視します。これにより、天文学者は大気中の複雑な流体力学的プロセスを研究し、巨大惑星のガスエンベロープのコンピューターモデルをテストできます。

Image
Image

木星の南極のJunoCam光学画像。新たに発見されたサイクロンにはプラスのマークが付いています。

太陽系の最大の惑星については、「木星の皮の下」という資料から詳しく知ることができます。また、私たちのギャラリーで木星を詳しく見ることができます。

トピックによって人気があります