太陽に飛ぶ:2回目の試み

ビデオ: 太陽に飛ぶ:2回目の試み

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 【マインクラフト】ヒカクラ最終回!ありがとうヒカキンくん!【ヒカキンのマイクラ実況 Part355】 2023, 2月
太陽に飛ぶ:2回目の試み
太陽に飛ぶ:2回目の試み
Anonim

今日、NASAの専門家は、パーカーの研究用プローブを宇宙に送ることをもう一度試みます。打ち上げは土曜日に予定されていましたが、ロケットシステムの異常動作のため、土曜日に打ち上げがキャンセルされました。

Image
Image

11:24 am一緒にいてくれてありがとう、オンラインで締めくくります!

Image
Image

11:18 AMコントロールセンターは、パーカーから分離を確認する信号を受信しました。プローブは問題ありません。旅が始まりました!

11:17枝があります!デルタミッションが完了し、パーカープローブが太陽に向かっている途中で、デルタコントロールセンターのエンジニアとオペレーターが握手しています。それらのいくつかは冷静であり、NASAの従業員はジャンプして抱きしめます。

11:15 amデータが届きますが、リアルタイムではありません。

11:14 am計画によると、上段の分離は約1分で完了します。テレメトリはまだありません。

11:13コメンテーターは、テレメトリが時々消えると不平を言います。

11:10スター48BV固体推進剤の上段がオンになりました。これが最後の段で、動作すると「パーカー」が独立した飛行を開始します。

11:09第2ステージのエンジンがオフになっており、分離があります。

Image
Image

11:07いいえ、もう1分。

11:05これで、第2ステージエンジンのシャットダウンと分離が行われます。

10:55第2ステージのエンジンが再びオンになり、航空機を飛行経路に戻すには14分間作動する必要があります。

Image
Image

10:47 AMユージン・パーカー博士は、彼にちなんで名付けられたプローブの打ち上げを見た後、インタビューを受けました。ロケットをタージマハルと比較します。

Image
Image

10:42飛行の10分、第2ステージのエンジンがオフになり、13分の一時停止があり、パーカーを惑星間軌道に乗せるために再びオンになります。これまでのところ、すべてが定期的です。

10:40 9分間の飛行で、すべてのシステムが正常に機能しています。

Image
Image

10:38取り外したヘッドフェアリングパネル。

10:37中央ユニットの最初のステージが分離しました。

10:36サイドステップが機能し、分離されました。

10:34

Image
Image

10:34これまでのところすべてが正常で、ロケットは最大速度のヘッドのポイントに到達しています。

10:33

Image
Image

10:31 AM GOING

10:30カウントダウン!

10:29これで独自の電源に切り替わります。タンクは必要な値まで補充されました。

10:25 amポーリングシステムを開始し、すべてのオペレーターがGo!と回答しました。立ち上げの許可があります。

10:24パーカーは、歴史上最速の人工車両になります。太陽に最も近い軌道である近日点を通過すると、その速度は毎秒200キロメートルという驚異的な速度に達します。もちろん、これは太陽重力のメリットであり、デルタロケットではありませんが、それでもなおです。

10:20起動の12分強前、すべてが正常です。

10:17 AM天気は良好で、天候が打ち上げを妨げる可能性はわずか5%です。

10:05重い「デルタ」と、昨日のオンラインで話す時間がなかったものからのローンチについて少し。このミサイルは、互いに取り付けられた3つのDelt-4から組み立てられます。イーロンマスクは彼のファルコンヘビーに同じ方法を使用しました。この構成は、専門用語では「フェンス」と呼ばれます。これは、デルタヘビーIVの歴史の中で10回目の発売になります。 2つのサイドステージは3分57秒間動作し、中央ステージの最初のステージは起動後5分42秒後に分離し、2番目のステージは2回(5分)オンになり、12分の一時停止後にオンになります。さらに14分。この2回目の打ち上げにより、パーカーは惑星間軌道に乗ることになります。

その後、スター48BVブースターが作動し、89秒間だけ機能します。その後、パーカーは開始から43分後に独立した飛行を開始します。

10:01モスクワ時間10:31に打ち上げ、放送が始まりました。

09:54これで、ロケットにはすでに燃料と酸化剤(液体水素と液体酸素)が完全に供給されていますが、すべてが計画どおりに進んでいます。 NASAの放送はここで見ることができます:https://www.youtube.com/watch?v = wwMDvPCGeE0

09:48当初は土曜日に打ち上げが予定されていましたが、ほぼ順調でしたが、ヘリウム燃料タンクの加圧に使用されるヘリウム圧力センサーの異常な読み取りにより、文字通り最後の数分で打ち上げがキャンセルされました。チームは問題を解決する機会がありましたが、彼らがそれを理解する前にスタートウィンドウが閉じました。打ち上げウィンドウは本日65分続き、打ち上げはモスクワ時間の10:33に予定されています。

09:46みなさん、こんにちは。イリヤ・フェラポントフがまたお会いしました。今日は、パーカーソーラープローブを打ち上げる2回目の試みを監視します。

トピックによって人気があります