InSightプローブの地震計は、最初の「火星」を記録しました

ビデオ: InSightプローブの地震計は、最初の「火星」を記録しました
ビデオ: NASAのInSightは、火星で信じられないほどの発見をしました! 2023, 2月
InSightプローブの地震計は、最初の「火星」を記録しました
InSightプローブの地震計は、最初の「火星」を記録しました
Anonim
Image
Image

InSight着陸船によって火星に設置されたSEIS地震計は、デバイスが開発されたフランスの宇宙機関CNESによると、最初の地震イベントを記録しました。この瞬間まで、科学者はすでに信号を記録していましたが、それらははるかに弱く、風によって引き起こされた可能性があります。

データが確認できれば、史上初の「火星地震」になります。これまで、地球の外では、地震の衝撃は月でのみ直接観察されてきました-アポロによってそこに届けられた地震計の助けを借りて。最初の地震計は1976年にバイキング着陸探査機に乗って火星に飛んだが、バイキング1号はこの装置を正常に機能させることができなかった。バイキング2号の同じデバイスが機能し始めましたが、デバイスの位置(デバイスの「デッキ」上)と感度が比較的低いため、実際のデータを取得できませんでした。主にプローブ自体と風の振動。彼が1976年11月にショックを感じたという証拠がありますが、デバイスが強い突風によって引き起こされた可能性が高いです。

40年間の休止の後、地震計は火星に再び現れました。 2018年12月19日、InSightミッションの着陸プラットフォームは、SEISデバイスをその隣の地面に着陸させました。将来的には、作業開始の準備が進んでおり、間もなく防風・断熱キャップで覆われました。 2019年4月6日、地震計センサーは、アポロ計器によって月に記録された揺れと同様に、明確な地震信号を記録しました。衝撃登録事件は、火星がまだ地震活動をしているという考えを確認し、そのような研究が行われた太陽系の3番目の物体を赤い惑星にします。

2019年3月14日、4月10日、11日に記録された他の3つの信号は、強度がはるかに低く、地震計の超高感度VBBセンサーによってのみ記録されました。それらは地震起源であるかもしれませんが、これについて完全な確実性はなく、さらなる研究が必要です。しかし、科学者たちは、そのうちの少なくとも2つは風やその他の騒音源が原因ではないと考えています。

InSight科学機器のしくみやその他のミッションの詳細については、資料「赤い惑星の内部を見る」で読むことができます。火星の地質学の謎については、他の記事「地震計」で火星の地質学の謎について読むことができます。火星のために」。

トピックによって人気があります