日本人はロボットを汗ばんだ

ビデオ: 日本人はロボットを汗ばんだ
ビデオ: (海外の反応)日本製の戦闘ロボがついに完成 2023, 2月
日本人はロボットを汗ばんだ
日本人はロボットを汗ばんだ
Anonim
Image
Image

東京大学の研究者たちは、電気モーターを冷却するための一種の発汗メカニズムを備えたヒューマノイドロボットを構築しました。著者らは、大田(韓国)で開催されたIROS 2016カンファレンスでプレゼンテーションを行い、ロボットIEEEスペクトラムについて簡単に説明しました。

一定の負荷がかかっている電気モーターは非常に顕著に熱くなる可能性があり、過熱はエンジンの損傷につながる可能性があります。モーターの過熱を防ぐために、冷却システムが必要です。これは通常、ファンとラジエーターを使用して実装されます。日本のロボット工学の専門家は、人間の発汗に似たメカニズムを使用することを決定し、発汗骨格を備えたロボットを設計しました。

ケンゴロと呼ばれる人型ロボットは、重さが56キログラムで、高さ1.7メートルのアルミフレーム上に構築されています。ロボットの設計には108個の電気モーターが使用され、特別に開発されたパッシブ冷却システムがそれらから熱を除去するために使用されます。

Image
Image

多孔質の骨格の詳細

ロボットのアルミフレームは、レーザー焼結による金属粉末でできており、複雑な構造の物体を製造するために使用できます。開発者は、水が自然に浸透して蒸発する多数のマイクロチャネルを備えた多孔質アルミニウム「スポンジ」の形で骨格の一部を印刷し、近くのサーボモーターを冷却しました。

Image
Image

健五郎ヒューマノイドロボット装置

ロボットの作成者が実施したテストでは、発汗スケルトンの使用は従来のパッシブ空冷よりも効果的ですが、アクティブ冷却システムには負けないことが示されました。ケンゴロは1日の仕事で、コップ半分の脱イオン水を使用します。

過熱はかなり深刻な問題であり、さまざまな分野のエンジニアによってさまざまな方法で解決されます。たとえば、カメラセンサーの過熱は画像にノイズの出現を引き起こす可能性があり、この現象に対抗するために、PrimaLuceLabは追加の冷却モジュールが取り付けられたカメラを設計しました。

トピックによって人気があります