無人Matrёshkaバスの海上公試がモスクワで始まりました

ビデオ: 無人Matrёshkaバスの海上公試がモスクワで始まりました

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 【ロシアから速報】ボリショイ劇場で水びたし事件 Мокрая сцена БОЛЬШОГО ТЕАТРА 2023, 2月
無人Matrёshkaバスの海上公試がモスクワで始まりました
無人Matrёshkaバスの海上公試がモスクワで始まりました
Anonim
Image
Image

Volgabusによって開発されたMatrёshkaモジュラー無人プラットフォームの海上公試がモスクワで始まりました。 3Dtodayポータルによると、テストはモスクワのオスタンキノ地区にあるカリブルテクノパークの試験場で行われています。

モジュール式の無人プラットフォームMatrёshkaは2016年の夏に発表されました。乗用カプセルがシャーシに取り付けられている場合、バスとして機能するなど、さまざまなタスクを実行できるモジュール式の無人電気自動車です。 Matrёshkaの長さは4、6メートル、幅は-1、7メートル、高さは-2、7メートルです。現在、ドローンの速度は時速30キロメートルに制限されており、1回の充電での航続距離は約130キロメートルです。

モスクワの8月17日から、Kalibrテクノパークの無人車両の特別試験場で、無人バスの形でMatrёshkaの試験が進行中です。この車は8人を乗せるように設計されており、自動モードと、システムの自己学習フェーズ中にバスが大勢の人に近づくと車両を制御するオペレーターの制御下の両方で移動します。

以前は、無人プラットフォームはすでにさまざまな展示会や屋内トレーニング場でデモンストレーションされています。今年後半にはバステストプログラムが拡大され、ルースキー島でのテストルートの立ち上げも計画されています。さらに、2018年にはモスクワでMatrёshkaルートを開始する予定です。

小型の無人バスは、世界中でかなり人気のある形式です。低容量の自動運転バスの中で、フランスのスタートアップEasyMileによって開発された最も人気のあるEZ10は、オランダ、フィンランド、スイス、日本ですでにテストされています。

小型車のほか、フルサイズの自動運転バスのプロジェクトもあります。先ほど、メルセデスベンツがオランダでテストしたCityPilotバスについて書きましたが、シンガポールも無人電気バスのテストに関心を持っています。

トピックによって人気があります