アメリカ人は日本人にロボットの決闘を挑んだ

ビデオ: アメリカ人は日本人にロボットの決闘を挑んだ

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 【海外の反応】お隣にAmazonがない理由に日本人が納得!K国を避け断固進出しなかった当然すぎる理由に隣国民が負け惜しみ…【鬼滅のJAPAN】 2023, 1月
アメリカ人は日本人にロボットの決闘を挑んだ
アメリカ人は日本人にロボットの決闘を挑んだ
Anonim
Image
Image

戦闘ロボットクラタス

MegaBot Mk.IIロボットの作成者は、この年、クラタス戦闘ロボットを作成した日本企業の水戸橋重工業が、制御された戦闘車両間の決闘を手配することを提案しました。決闘への挑戦のビデオはYoutubeで公開されています。

大会の発起人が考案したように、水堂橋重工業が戦闘場所を指定し、1年以内に双方がロボットを準備して戦場に届けます。

MegaBotの作成プロジェクトは、オートデスクによって資金提供されました。当初、設計者はクラウドファンディングを通じて戦闘ロボットを構築するために180万ドルを調達することを期待していましたが、キャンペーンは失敗しました。 MegaBot Mk.IIは、もともとロボット競技の戦闘車両として作成されましたが、日本のクラタスはおもちゃの武器を搭載するようにも設計されています。決闘が行われる場合、それは戦闘ヒューマノイドロボットの最初の戦いになります。以前は、そのようなテクニックを含む戦いは素晴らしい作品でのみ行われていました。

トピックによって人気があります