2015年のベスト:日本はロボットの決闘へのアメリカの挑戦を受け入れました

ビデオ: 2015年のベスト:日本はロボットの決闘へのアメリカの挑戦を受け入れました

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: ジャイアントロボットデュエル 2023, 1月
2015年のベスト:日本はロボットの決闘へのアメリカの挑戦を受け入れました
2015年のベスト:日本はロボットの決闘へのアメリカの挑戦を受け入れました
Anonim
Image
Image

MegaBot Mk.II

日本の会社SuidobashiHeavy Industryは、オートデスクが後援するアメリカのMegaBotMk.IIロボットの作成者からの決闘の挑戦を受け入れました。さらに、日本側は、戦闘ロボットの白兵戦は決闘の一部であるべきだと主張している。これは、水戸橋重工業の創設者兼最高経営責任者(CEO)がYoutubeの対応するビデオで倉田浩五郎によって発表されました。

MegaBot Mk.IIロボットの作成者は、この年、クラタス戦闘ロボットを作成した日本企業の水戸橋重工業が、制御された戦闘車両間の決闘を手配することを提案しました。大会の発起人が考案したように、水堂橋重工業が戦闘場所を指定し、1年以内に双方がロボットを準備して戦場に届けます。

Image
Image

倉田浩五郎がアメリカの挑戦に答える。

ファイティングヒューマノイドロボット(BCH)は、SF映画、ゲーム、アニメで人気のある武器です。日本のアニメでは、BCHの毛皮(メカ)の別のジャンルを区別するのが通例です。このジャンルには、「エヴァンゲリオン」、「グレンラガン」、「グレンダイザー」などのアニメシリーズや長編漫画が含まれます。

トピックによって人気があります