アメリカの潜水艦ロボットが大西洋を泳いで渡った。彼は22,744キロメートルをカバーしました

ビデオ: アメリカの潜水艦ロボットが大西洋を泳いで渡った。彼は22,744キロメートルをカバーしました

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 【海外の反応】「許せん・・・!」日本最強の潜水艦はくげいが進水!たいげい型2番艦の進水式で海上自衛隊に中国がまた…【グレートJAPANちゃんねる】 2023, 1月
アメリカの潜水艦ロボットが大西洋を泳いで渡った。彼は22,744キロメートルをカバーしました
アメリカの潜水艦ロボットが大西洋を泳いで渡った。彼は22,744キロメートルをカバーしました
Anonim
Image
Image

「シルボ」

アメリカの会社TeledyneWebbResearchによって開発されたSlocumG2 Glider自律型無人海中ドローンは、合計22,744kmをカバーする大西洋を横断する循環航海を行いました。同社によれば、ロボットがこの距離を泳ぐのに4年以上かかったという。水中ビークルは4段階で大西洋を航海し、それぞれの段階で船体の清掃と搭載バッテリーの交換を行いました。

長期自律航法は、実際の状態で水中ロボットの航法装置や搭載システムをテストする方法の1つです。自律型水中ビークルの設計者の中には、このタイプのテストを使用して、設計の信頼性を実証する人もいます。特に、ロシア先端研究基金は、長さ約14,000キロメートルの北海ルートを通過して作成している水中ロボットをテストする予定です。

大西洋を旅したSlocumG2 Gliderは、2011年に組み立てられ、カナリア諸島のホーマー島の住民が島の深い峡谷と狭い谷を介して通信するために使用する口笛言語であるシルボゴメロの言語にちなんで「シルボ」と名付けられました。 。ロボットは2011年にアイスランドからカナリア諸島への最初の旅行をしました。 2016年に、デバイスは近代化されました。特に、新しい、より容量の大きいバッテリーが搭載されました。

Solcum G2 Gliderは水中グライダーです。つまり、従来の水中ロボットのように水プロペラではなく、波のエネルギーを使用して自身の浮力を移動および変更する装置です。 「シルボ」はカーボンファイバー製です。長さ1.8メートル、直径0.5メートルです。グライダーの翼幅は1メートルです。この装置は、1000メートルの深さまで潜ることができます。オペレーターと通信するために、ロボットにはイリジウム衛星端末と音響モデムが装備されています。デバイスの重量は約55キログラムです。

大西洋の大旅「シルボ」の第1ステージは、同じ2016年に始まりました。マサチューセッツ州のケープコッドからアイルランドに向けて発売されました。この水泳の間、デバイスは330日間で6557キロメートルをカバーしました。アイルランドでは、ユニットが清掃され、バッテリーが交換され、潜水艦ロボットのオペレーターを訓練するために簡単に使用されました。その後、シルボはアイルランドから航海し、カナリア諸島に航海し、178日間で3,695キロメートルを航海しました。バッテリーもそこで交換されました。

その後、デバイスは米領バージン諸島グループからセントトーマス島に向けて出航しました。この目的地までの道のりは6256キロかかりました。ロボットがそれを克服するのに418日かかりました。旅の最終段階で、水中ロボットは348日間で6,236キロメートルを泳ぎました。シルボはケープコッド近くのマーサズヴィニヤード島に向けて航海しました。航海全体を通して、デバイスは水と流れの状態に関するデータを収集し、さまざまな方法でバッテリーを消費するいくつかの制御アルゴリズムもテストしました。

トピックによって人気があります