ロボットの組み立て方は?

目次:

ビデオ: ロボットの組み立て方は?

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 動くザクのロボットを組み立ててみた~ジオニック社公式MS講習コースZEONIC TECHNICS~ 2023, 1月
ロボットの組み立て方は?
ロボットの組み立て方は?
Anonim
Image
Image

トレーニング

同じサイズの2つの木製定規、アルミニウム溶接棒(9個)、トグルスイッチ/スイッチ、2つのバッテリー、モーター(3ボルト)、文房具の輪ゴム(3個)、スコッチテープ、プラスチッククランプ、ナットを用意します。 (3本)、アルミスティック、ワイヤーが自由に入る。

工具としてはんだごてとはさみが必要になります。

Image
Image

トグルスイッチ/スイッチ

Image
Image

アルミ溶接棒

Image
Image

モーター

組み立て

ステップ1。 定規を輪ゴムで固定します。

ステップ2。 はんだごてを使用して、下の図に示すように、短いアルミニウム棒をナットに取り付けます。その結果、ナットとスティックの間に強い接続ができます。

Image
Image

ステップ3。 長いアルミ棒と手順2で作った構造を取ります。下の図に示すように、はんだごてを使用してそれらを一緒に取り付けます(アルミ棒は「脚」ができるように曲げる必要があります)。同じデザインを3つ作成します。

Image
Image

ステップ4。 手順3で得た構造物を定規の間に3か所で均等に取り付けます。

Image
Image

ステップ5。 長さ約6cmのプラスチッククリップを2つ切り、両端に小さな穴を開けます。

ステップ6。 クランプの端をモーターに取り付けます。

Image
Image

ステップ7。 はんだごてを使用して、バッテリー-スイッチ-モーター-バッテリー回路のワイヤーを接続します。

ステップ8。 手順7の構造物を上部の定規にテープで取り付けます。

Image
Image

ステップ9。 クリップの穴を脚の上にスライドさせます。

Image
Image

ステップ10。 前脚と後脚を、端に穴のある別のクリップで接続します。

トピックによって人気があります