世界的な森林破壊とそれに伴う国際貿易のマッピング

ビデオ: 世界的な森林破壊とそれに伴う国際貿易のマッピング
ビデオ: アマゾン森林伐採 08年以降で最大 2023, 2月
世界的な森林破壊とそれに伴う国際貿易のマッピング
世界的な森林破壊とそれに伴う国際貿易のマッピング
Anonim
Image
Image

国際貿易の結果、G7諸国は1人あたり年間平均4本の木を使い、カナダとノルウェーはそれぞれ16本の木を使用し、スウェーデンは22本です。同時に、森林伐採の痕跡の46〜57パーセント熱帯林に見られ、その森林伐採により、牛肉、大豆、コーヒー、ココア、ヤシ油、木材が供給されます。この記事は、Nature Ecology&Evolution誌に掲載されました。

森林は陸地のほぼ3分の1を占め、人々に貴重な生態系サービスを提供し、生物多様性をサポートしています。最も生産性の高い熱帯雨林が考慮されており、すべての陸生種の50〜90パーセントが生息できます。過去25年間、世界の森林面積は毎年減少しています。世界的な森林破壊は、人口増加、経済成長、国際貿易の中で勢いを増しています。同時に、森林破壊と農林産物のサプライチェーンとの関係を反映する世界的な森林破壊マップはまだありません。

京都の総合地球環境学研究所のグエン・ティエン・ホアンと金本圭一郎は、貿易とそれがもたらす直接的および間接的な森林喪失との関連を示す森林破壊の足跡を作成しました。これを行うために、科学者は2001年から2015年まで開発したグローバルサプライチェーンモデルとランドサット衛星観測を使用しました。国際貿易は、FAOSTATおよびEoraMRIOデータベースを使用して記録されました。このモデルには、世界190か国の15,000の産業における国内および国際貿易業務が含まれていました。

Image
Image

2001年から2015年までの中国(a)、ブラジル(b)、ドイツ(c)、シンガポール(d)、日本(e)、米国(f)の経済活動に起因する森林破壊の空間的フットプリントのマップ。

作成された地図は、G7諸国と他のいくつか(たとえばシンガポール)が主に開発途上国で発生する森林破壊の原因であるという仮定を確認しました。 G7諸国のすべての住民は、年間平均4本の木または58平方メートルの森林を費やしていますが、スウェーデンの居住者は22本の木を使用し、カナダとノルウェーの居住者はそれぞれ16本の木を使用しています。ブラジル、マダガスカル、アルゼンチン、インドネシア、ベトナム、コートジボワールの森林は、15年間で最も大きな被害を受けました。これらの国々は、牛の肉、大豆、コーヒー、ココア、パーム油、木材を輸出しています。

Image
Image

多くの林業および農産物の輸出入国の経済活動によって推進されている、さまざまな種類の森林バイオームにおける森林破壊の領域。

分析により、消費国が世界の森林破壊マップに残している予期しない足跡が明らかになりました。たとえば、シンガポールの小さな国では、林業関連の商品は東南アジアだけでなく、マダガスカルの東やグアテマラのペテン川流域からも来ています。同時に、21世紀初頭の日本人による綿花とゴマの消費は、タンザニアの沿岸森林の森林破壊につながりました。日本、ドイツ、フランス、イギリス、イタリアが残した森林破壊の痕跡の46〜57%は、熱帯雨林のバイオームに含まれていました。同時に、G7とG20の大規模な消費国のほとんどで、15年以上にわたって、インドと中国の領土でさえ、地元の森林の面積が増加しています。

研究の著者は、将来、生産のために森林に依存する製品の需要が増加し、財政的に責任のある生産者と消費者だけが森林破壊の速度を遅くすることが可能であり、熱帯林を保護するための対策を強化し、義務を導入することを指摘しましたそのような製品の環境認証。

以前、科学者は仮想受粉の概念を提案しました-輸出農産物の生産で発生する生物受粉に関連するすべての外部性を考慮に入れています。彼らは、そのような製品の輸出は、受粉したプランテーションに隣接する生態系における生物多様性の喪失のリスクを伴うと結論付けました。森林伐採の場合のように、仮想受粉の点で最も高価な製品の1つは、コーヒーであることが判明しました。

トピックによって人気があります