ボイジャー2号が星間空間に入った

ビデオ: ボイジャー2号が星間空間に入った

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: ボイジャー2号は今どこに?星間空間で予想外の新発見! 2023, 2月
ボイジャー2号が星間空間に入った
ボイジャー2号が星間空間に入った
Anonim
Image
Image

ボイジャー2号は、人類の歴史上、星間空間に存在する2番目の人工天体になりました。 NASAの専門家は、その「ツイン」(「ボイジャー1号」)に続くデバイスが太陽圏を超えたと発表しました。

ボイジャー2プローブは、1977年に太陽系を探索するために打ち上げられました。この装置は、4つの巨大惑星すべてに接近して探索し、太陽系の郊外に向かった。探査機は5年以内に稼働する予定でしたが、2018年8月にそのミッションは41周年を迎えました。現在、このデバイスは地球からほぼ120天文単位の距離にあります(最も遠い人工物体はボイジャー1号であり、その距離はほぼ145天文単位です)。

2007年以来、プローブは太陽圏の外層にあります-環境の主成分が太陽風と太陽の磁場である空間の領域です。太陽圏の端では、ヘリオポーズとして知られ、太陽風はほぼゼロに落ちます。さらに、太陽から200天文単位以上の距離に、星間風の粒子が減速を開始するバウショック波があります。

8月末以降、プローブに搭載されたCRS(宇宙線サブシステム)検出器とLECP(低エネルギー荷電粒子)検出システムは、登録された荷電粒子のエネルギーの増加を記録し始めました。 2012年5月、ボイジャー1号は、宇宙線のパラメーターに同様の変化を発見しました。これは、デバイスが星間空間に入る約3か月前に発生しました。太陽圏からの装置の出口を証明する上で最も重要な役割は、主に太陽からなる周囲のプラズマ環境の速度、密度、温度、および圧力を決定するPLS(プラズマ科学実験)機器によって得られたデータによって果たされました。風の粒子。 11月5日、機器は太陽風粒子の速度の急激な低下を記録し、その後ボイジャー2号の近くで太陽風フラックスの兆候を検出しませんでした。これは、デバイスが実際に太陽圏を離れたことを示唆しています。

Image
Image

ボイジャー1号とボイジャー2号のプローブの位置

Image
Image

PLS機器の3つの検出器からのデータとその概観。

ビークルが太陽圏を超えたという事実にもかかわらず、これは、それらが太陽系を離れたことを意味するものではありません。太陽系の境界は、太陽から約10万天文単位の距離にあるオールトの雲の外縁の外側にあります。 。ボイジャー2号がオールトの雲に到達するのに約300年かかり、おそらくそれを通過するのに約3万年かかります。

記録的なボイジャーミッションについてのドキュメンタリー映画が制作されています。プロジェクトの歴史について詳しくは、資料「3,760,000リーグアバブウォーター」をご覧ください。

トピックによって人気があります