はやぶさ2は、小惑星からの2回目の土壌サンプリングのためにサイトを探索しました

ビデオ: はやぶさ2は、小惑星からの2回目の土壌サンプリングのためにサイトを探索しました

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: はやぶさ2、小惑星に到着 2023, 2月
はやぶさ2は、小惑星からの2回目の土壌サンプリングのためにサイトを探索しました
はやぶさ2は、小惑星からの2回目の土壌サンプリングのためにサイトを探索しました
Anonim
Image
Image

はやぶさ2惑星間ステーションは、リュウグウ小惑星の人工衝突クレーター近くの作業領域を完全に撮影し、そこから2番目の土壌サンプルを採取することができます。ミッションのウェブサイトによると、ミッションチームは土壌を安全に採取できる場所を特定しましたが、操作自体がいつ実行されるかはまだ決定していません。

無人ステーション「はやぶさ2」は、昨年6月から900メートルの地球近傍小惑星(162173)リュウグウを周回する軌道上で運用されています。 2018年後半、ステーションはリュウグウの表面に2つのMINERVA-II降下モジュールとMASCOT(モバイル小惑星表面スカウト)を着陸させ、最初の土壌サンプリング操作を実行し、現在、タンタル弾を小惑星の表面に発射しました。最も近いアプローチの、その後、吸引装置の助けを借りて、上向きに上昇したほこりや小さな破片を集めました。

2019年4月の初めに、デバイスは小惑星にSCI(小型キャリーオンインパクター)ペネトレーターを落としました。これは、重量が2.5キログラムの銅製の発射体と4.5キログラムの爆薬で構成されており、人工の衝突クレーターが作成されました。 。 SCIがステーションから離れた瞬間、その降下とリュウグウからの物質の放出が搭載カメラと降下カメラの画像に当たり、すぐにステーションはクレーターが形成されたまさにその領域を見ることができました。

クレーターが作成された後、ステーションはその表面上に4つの降下を行い、その間に地形の写真を撮り、新しい土壌サンプリング操作に必要となるクレーターの隣にターゲット指定子を落としました。 2019年6月11日から6月13日までPPTD-TM1Bと指定された最後の操作が行われ、その結果、ステーションは約35メートルの最小高さに到達し、降下中に28枚の画像を取得することができました。 ONC-T車載カメラ。クレーター自体とその周辺の詳細なモザイクが表示されます。画像の左上にある白い点がターゲット指定子であり、クレーターがモザイクの右下全体を占めています。表面に巨礫がたくさんあることを考えると、ミッションチームは、降下中にステーションをマーカーのできるだけ近くに向ける必要があると結論付けました。

この削減は、2回目の発掘作業の準備の最終段階でしたが、その時期はまだ決まっていません。小惑星が太陽にどんどん近づいてきているので、研究者たちは残り時間がほとんどない(約1ヶ月)ので、近い将来に決定を下す必要があります。

先ほど、駅のおかげでリュウグウが半中空の「がれきの山」であることがわかったと言いました。さらに、小惑星は宇宙船が訪れるすべての天体の中で最も暗いものであり、放射性コアを持つより大きな天体の残骸である可能性もあります。この珍しい使命についての詳細は、私たちの資料「過去を少しずつ収集する」で読むことができます。

トピックによって人気があります