はやぶさ2が小惑星リュウグウの人工クレーターにターゲット指示装置を落とした

ビデオ: はやぶさ2が小惑星リュウグウの人工クレーターにターゲット指示装置を落とした

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 【小惑星探査機】はやぶさ2が作った「人工クレーター」の大きさや深さが判明!【JAXA】 2023, 2月
はやぶさ2が小惑星リュウグウの人工クレーターにターゲット指示装置を落とした
はやぶさ2が小惑星リュウグウの人工クレーターにターゲット指示装置を落とした
Anonim
Image
Image

5月30日にリュウグウの表面から10〜40メートルの高度で撮影されたONC-W1画像で構成されるマーカードロップアニメーション。

ステーション「はやぶさ2」は、2回目の試みで、小惑星リュウグウの人工クレーターの隣にターゲット指示装置を落とすことができました。ミッションはツイッターで、来月半に予定されている新しい発掘作業に必要になると述べた。

自動気象観測所「はやぶさ2」は2014年末に打ち上げられ、500メートルの小惑星(162173)リュウグウを研究するために設計されました。 2018年6月、ステーションは小惑星に到着し、その周りの安定した軌道に入り、2つのMINERVA-II降下モジュールとMASCOT(モバイル小惑星表面スカウト)宇宙船を着陸させました。その後、ステーションは土壌を収集する最初の操作を行い、最も接近した瞬間に小惑星の表面にタンタル弾を発射し、その後、土壌摂取装置を使用して上方に上昇したほこりや岩の小さな破片を収集しました。

2019年4月の初めに、ステーションはRyuguにSCI(Small Carry-on Impactor)ペネトレーターを落としました。これは、重量2.5kgの銅製の発射体と4.5kgの爆発物で構成され、40分後に300メートルの距離で作動しました。表面から、毎秒2キロまでの分散した発射体。 SCIがステーションから離れた瞬間、その降下とリュウグウからの物質の放出が搭載カメラと降下カメラの画像に当たり、すぐにステーションはクレーターが形成されたまさにその領域を見ることができました。

昨日、ステーションは、PPTD-TM1A作戦の一環として、20 kmの軌道からゆっくりと降下を開始しました。これは、2番目の反射ターゲット指示装置を人工クレーターの近くの領域にドロップする2回目の試みで、新しい土壌サンプルを採取するときの地形。 5月中旬にこれを行う最初の試みは失敗に終わりました。今日、駅はリュウグウの表面から35メートルの高さに達し、その上にホバリングした後、降下を続けることが決定されました。はやぶさ2がリュウグウから10メートル以内にいると、マーカーを落とし、急上昇を始めました。ステーションの車載カメラは、マーカーが計画通り火口近くのC01エリアに着陸したことを確認しました。

先ほど、駅のおかげでリュウグウが半中空の「がれきの山」であることがわかったと言いました。さらに、小惑星は宇宙船が訪れるすべての天体の中で最も暗いものであり、放射性コアを持つより大きな天体の残骸である可能性もあります。この珍しい使命についての詳細は、私たちの資料「過去を少しずつ収集する」で読むことができます。

トピックによって人気があります