貧しい国の住民は、ロシア人よりも積極的にコロナウイルスの予防接種を受けることを望んでいました

ビデオ: 貧しい国の住民は、ロシア人よりも積極的にコロナウイルスの予防接種を受けることを望んでいました
ビデオ: 飲食店利用にワクチン接種求める制限など緩和へ ロシア・モスクワ【新型コロナ】 2023, 2月
貧しい国の住民は、ロシア人よりも積極的にコロナウイルスの予防接種を受けることを望んでいました
貧しい国の住民は、ロシア人よりも積極的にコロナウイルスの予防接種を受けることを望んでいました
Anonim
Image
Image

ロシア人の3分の1だけがコロナウイルスのワクチン接種を受ける準備ができていますが、低中所得国ではこの数字は80%に達します。 30か国の研究者が、さまざまな州の調査データを分析した後、ネイチャーメディシンでそのような結果を発表しました。

多くのコロナウイルスワクチンは、すでに数十か国で利用可能です。ファイザーのワクチンは90か国で、アストラゼネカは115か国で、スプートニクVは69か国で使用が承認されています。ロシアでは、スプートニクV、EpiVacCorona、KoviVakの3つのワクチンがワクチン接種に使用されています。いくつかの薬が入手可能であるにもかかわらず、ワクチンを少なくとも1回接種したロシア人の数はまだ少なく、16.78パーセントです(7月7日現在)。完全にワクチン接種された人々の数は11、ロシアの人口の73パーセントです。ちなみに、当時の米国では、人口の54.69パーセントが予防接種を受けていました。この違いは、ロシア人がコロナウイルスワクチンに自信を持っていないことと副作用を恐れていることが原因である可能性があります。

イェール大学グローバルヘルス研究所のSaadB。Omerが率いる30か国の研究者は、さまざまな国の人々がワクチン接種を受ける準備ができているかどうかを分析することにしました。彼らは、2020年6月17日から2021年1月18日までの期間にこれらの州の住民を対象に実施された調査からデータを取得しました。合計44,260人が参加しました。研究者らは、比較分析のためにロシア、米国、および低中所得国10か国、ブルキナファソ、インド、コロンビア、モザンビーク、ネパール、ナイジェリア、ルワンダ、パキスタン、シエラレオーネ、ウガンダを選択しました。

低中所得国では、予防接種の意欲が米国(回答者の平均64.6%)やロシア(回答者の30.4%)よりもはるかに高い(回答者の平均80.3%)ことが判明しました。

研究の著者は、彼らの意見では、これが世界の集団免疫の形成を加速するはずであるため、低中所得国へのワクチンの送達を増やすことを提案しています。

スプートニクVは、2020年の冬にアルゼンチンで承認されました。ワクチン接種キャンペーンで使用されてから6か月後、アルゼンチン保健省は報告された副作用の詳細を記した報告書を発表しました。ガマレヤセンターが開発したワクチンを使用した後の有害事象は、0.55パーセントの人々で発生しました。

トピックによって人気があります