中国で記録された新しいウイルス性肺炎の発生

ビデオ: 中国で記録された新しいウイルス性肺炎の発生

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 中国で原因不明のウイルス性肺炎が・・・当局はSARS否定(20/01/06) 2023, 2月
中国で記録された新しいウイルス性肺炎の発生
中国で記録された新しいウイルス性肺炎の発生
Anonim
Image
Image

サウスチャイナモーニングポストによると、中国の武漢市の60人が新しいウイルス性肺炎の症状で入院しました。それらの少なくとも15は同じ株に感染しています-コロナウイルス、SARSの親戚と急性呼吸器症候群ウイルス。以前の場合と同様に、患者は動物からコロナウイルスに感染した可能性があります。しかし、新しい肺炎が同じくらい危険であると信じる理由はまだありません。それが人々の間で伝染することができるという証拠はまだありません。

2000年代初頭、ウイルス性肺炎の2つの流行が世界を席巻しました。MERS(中東呼吸器症候群)とSARS(重症急性呼吸器症候群、重症急性呼吸器症候群、SARSとしてよく知られています)です。一緒になって、彼らは1.5万人以上の死をもたらし、それ以来、WHOは肺炎の発生に非常に注意を払ってきました。

SARSの流行は、2002年に中国で始まり、国の当局は、SARSに関する情報を長期間秘密にしていたため、ウイルスの蔓延につながる可能性がありました。そのため、2019年12月に中国の武漢市当局によって記録された新たな発生は、WHOだけでなく近隣諸国にも注目を集めました。

新たな肺炎の最初の症例は12月中旬に現れ、新年までに27人の感染患者が武漢の病院に入院しました-全員が発熱し、一部は呼吸困難になり始めました。それらのすべては、何らかの形で、武漢卸売シーフード市場に関連付けられていました;病気の中で、多くは市場で別々の店を所有していました。

1月の初めまでに、すでに59人の新しい肺炎があり、150人以上の親戚や友人が監視されていました。また、韓国には中国から帰国して間もなく病気になった女性が1人います。しかし、彼女はシーフード市場との接触がなかったため、彼女の病気が新たな感染症に関連しているかどうかはまだ不明です。病気が人々の間で伝染するかどうかについてのデータもありません:感染した人々の中に母と息子がいるという事実にもかかわらず、彼らは両方とも市場に関連していて、互いに独立して感染した可能性があります。

中国の科学者は、患者から採取したサンプルを分析し、そのうち少なくとも15人が同じウイルスに感染していると結論付けました。シーケンシングの結果によると、コロナウイルスに分類されました。この家族にはすでに6つの種が人間に病原性を持っています:それらのうちの4つは風邪を引き起こし、2つはMERSとSARSの発症につながります。それにもかかわらず、これまでのところ、新しいタイプの肺炎が以前の肺炎ほど危険であると信じる理由はありません。まだ誰もこの病気で亡くならず、少なくとも8人がすでに回復しています。

MERSおよびSARSウイルスは、おそらくコウモリから、動物から人間に伝染しました。新しいウイルスに関するそのようなデータはまだありませんが、中国のウイルス学者はこれがありそうなシナリオであると考えています。結局のところ、卸売市場はシーフードに加えて、生きたヘビ、ヒツジ、ウサギも販売しており、コウモリからのウイルス感染の仲介者になる可能性があります。武漢卸売市場は現在閉鎖されています。

科学者たちは最近、インドのコウモリとそれらを狩る人間の血中に新しいタイプのエボラウイルスを発見しました。彼らはまた、インフルエンザウイルスが抗ウイルス薬の影響下でより大きな耐性に向かって進化し、人体の一般的な風邪と競合することを発見しました。

トピックによって人気があります