WHOはSARS-CoV-2の故郷を特定できませんでした

ビデオ: WHOはSARS-CoV-2の故郷を特定できませんでした

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: Why antibody validation is crucial for SARS-CoV-2 research 2023, 1月
WHOはSARS-CoV-2の故郷を特定できませんでした
WHOはSARS-CoV-2の故郷を特定できませんでした
Anonim
Image
Image

新しいコロナウイルスの発生源を探していたWHO委員会は、その研究に関する詳細なレポートを発表しました。その中で、委員会のメンバーは、データを収集する方法と場所、可能性の観点からウイルスの起源のバージョンをランク付けした理由、および進む方向について話しました。とりわけ、彼らは武漢のシーフード市場の外で、そして中国の外でさえ、covidを持つ最初の患者の捜索を続けることを提案します-WHOの専門家は中国がコロナウイルスの発祥の地であったと明白に言うことはできません。

covidが中国国外に出たその瞬間から、感染の起源についてさまざまな理論が現れ始めました。長い間、中国はSARS-CoV-2ウイルスの故郷と見なされ、理論の違いはウイルスの発生源のみに関係していました。それらは、ヘビ、コウモリ、または鱗甲目、あるいは武漢のウイルス学研究所(この理論の詳細-私たちのテキスト「あなた自身は人工的です」)。

WHO国際委員会は、わずか1年後の2021年1月に現場に到着しました。中国の同僚と話し合い、彼らが収集したデータを見た後、委員会の専門家は予備的な記者会見を行いました。 2月、彼らはSARS-CoV-2の起源について明確な決定には至らなかったと述べたが、多かれ少なかれ可能性が高いと考えるいくつかの仮説を提唱した。委員会は現在、その調査の詳細なレポートを公開しています。また、明確な答えは含まれていませんが、コロナウイルスの起源のいずれかのバージョンを支持して、行われた作業の規模と議論の強さを評価することは可能です。

まず第一に、委員会はSARS-CoV-2の出現時期に関心を持っていました。武漢の病院からの医療記録を検討した後、彼らは最初の公式のcovid患者が2019年12月8日に現れたことを確認しました。 2019年の秋に重度の呼吸器疾患のある病院に入院した人々の中で、専門家は、症状がはっきりとはっきりと示されている可能性のある病院を1つも見つけませんでした。後に血液検査を受けた患者では、SARS-CoV-2に対する抗体も見つかりませんでした。

Image
Image

呼吸器疾患のデータ(左)に基づくと、2019年12月まで大発生はありませんでした。右側は、covidの患者の発見の年表であり、最初の患者はシーフード市場とは関係がありませんでした。

さらに、委員会は中国でのコロナウイルス感染の以前の発生の兆候を見つけることができませんでした。呼吸器疾患の発生率と全体的な死亡率は、2019年12月まで年間レベルにとどまりました。この推定値は、系統発生研究の結果と一致しています。これらは、2019年の晩秋に流行したヒトのすべてのSARS-CoV-2の最後の共通祖先を示しています。しかし、専門家自身が指摘しているように、これらのデータは、以前の発生がなかったと結論付けるのに十分ではありません-covidはしばしば穏やかな形で通過するため、感染者も医師もそれに気付くことができませんでした。

Image
Image

2019年と2020年初頭の武漢市のさまざまな地域での過剰死亡は、covidの発生が1回だけであることを示しています

したがって、委員会のメンバーは、たとえば、パンデミックが始まる前にさまざまな国のドナーが提供した血液をテストするために、医師に検索を続けるように促します。少なくとも1つの研究で、アメリカのドナーは、ウイルスが国に正式に輸入されるずっと前に、SARS-CoV-2に対する抗体が陽性であるとテストしました。これと他のデータを考えると、委員会は中国がコロナウイルスの発祥の地であったことを明確に述べることはできません。

中国での発生がどこから始まったのかも完全には明らかではありません。covidの最初の患者に関するデータを収集した後、専門家は、最初の公式の患者が武漢のシーフード市場に関連していないことに気づきました(そして最初の症例のいくつかはまったく市場に関連していませんでした)。さらに、SARS-CoV-2のゲノムの分析は、最初の患者のサンプルが市場自体で見つかったものとは異なることを示しました。これらのデータに基づいて、委員会のメンバーは、武漢で最初の公式患者が感染した時点で、ウイルスのいくつかの亜種がすでに流行しており、後にシーフード市場がそのうちの1つを広めるきっかけとなったと示唆しています。

Image
Image

最初のSARS-CoV-2サンプルの関係。最初の既知の患者(右側の黄色い矢印)は、シーフード市場で見つかったものと一致しないウイルスの珍しい亜種を持っていました。

WHOの専門家は、ウイルス自体の最も可能性の高い原因であると考えていますが、野生動物については完全には確信していません。彼らはコウモリとウロコを人間に最も近いコロナウイルスの保因者であると考えていますが、これまでのところ、SARS-CoV-2の単一の動物保因者を直接見つけることはできませんでした。市場。野生動物がコロナウイルスに感染した可能性があるという事実を支持する唯一の議論は、これが以前の流行で数回起こったという事実です。委員会は、これが2019年にも起こったという証拠を持っていません。

同時に、専門家は、コウモリや鱗甲目との直接の接触は、家畜や家畜よりもはるかに少ないと指摘しています。したがって、彼らは中間ホストのバージョンをはるかに妥当であると考えています。しかし、農場や動物園で時折発生したにもかかわらず、(ミンクの話を除いて)動物からコビッドに感染したであろう人々の既知の例はまだありません。

コロナウイルスが人体に侵入する可能性のある3番目の方法は、冷凍肉、つまりコウモリまたはSARS-CoV-2の中間宿主であるとWHOの専門家は考えています。この仮定は、2020年に中国で発生したコロナウイルスのいくつかの二次発生の間に、ウイルスRNAが冷凍食品で検出されたという事実によって裏付けられています。さらに、この仮説は、コロナウイルスの保菌者が中国の農場や中国の森林で見つからなかった理由を説明するのに役立ちます-彼らは海外から市場に出た可能性があります。しかし、委員会はまた、冷凍食品からのウイルス粒子が誰にでもコビッドを引き起こす可能性があるという明白な証拠をまだ持っていません。

最後に、4番目の仮説-実験室からのウイルスの漏出-WHO委員会は非常にありそうもないと考え続けています。専門家は、2019年11月と12月に技術的な不具合やプロトコル違反に気づかなかった中国人の同僚からの報告を引用しています-covidの最初の症例が発見される1週間前に、武漢ウイルス研究所は魚市場に近づきました。 SARS-CoV-2に対する抗体も従業員の血中には見つかりませんでした。したがって、この仮説に最終的に反論するために委員会が提案する唯一のことは、同様の研究に従事する可能性のある世界中の他のウイルス学研究所の報告を研究することです。委員会は、明らかに、中国でこのバージョンを詳細に研究し続けるつもりはありません。

したがって、2019年の冬の中国でのコロナウイルスの出現の明確な画像を復元することはまだ可能ではありません。しかし、委員会のメンバーは、彼らが捜索を止めていないこと、この報告は彼らの調査の最初のステップに過ぎないこと、そして彼らはまだの起源についての仮説のいずれかを完全に受け入れるか拒否する準備ができていないことを繰り返し明らかにしましたSARS-CoV-2。

私たちは、彼らがどのように私たちのテキスト「Gifts of Love」の流行の中で「ゼロの患者」を探し、見つけるかについて話しました。そして、ウイルスが個々の患者の中でどのように進化するかについては、「BatmenAmongUs」の記事を読んでください。

トピックによって人気があります