LIGOとVirgoは、中性子星とブラックホールの融合による重力波を見る

LIGOとVirgoは、中性子星とブラックホールの融合による重力波を見る
LIGOとVirgoは、中性子星とブラックホールの融合による重力波を見る
Anonim
Image
Image

LIGOとVirgoの天文台は、中性子星とブラックホールの融合による重力波を確実に記録した最初の天文台です。これがブラックホールを形成したと考えられており、バーストの発生源は太陽から約10億光年の距離にあります。この記事はTheAstrophysical JournalLettersに掲載されました。

電磁放射と重力波の両方を検出することによる、中性子星とブラックホールからの近接ペアの検出は、依然として天文学者にとってつまずきの障害となっています。科学者は、パルサーからの無線パルスによって追跡できるこのようなシステム内のオブジェクトの相互作用だけでなく、それらの合併の過程、および結果として得られるコンパクトオブジェクトの特性にも関心を持っています。

過去40年間で、電磁観測の過程で19個の二重中性子星が発見され、重力波観測所LIGOとVirgoは主に二重合体ブラックホールを登録し、3回目の観測キャンペーンで記録された2つのイベントのみが候補となりました。中性子星とブラックホールのペア。それにもかかわらず、GW190426の場合、誤警報の確率は非常に高いことが判明し、GW190814の場合、中性子星の候補の計算された質量は2.59太陽質量であることが判明しました。この種のオブジェクトには大きい。

カリフォルニア工科大学のリチャード・アボットが率いるLIGO、Virgo、およびKAGRAの共同研究による天文学者のグループは、中性子星とブラックホールの融合による重力波の信頼できる検出の2つのケースを報告しました。 GW200105は2020年1月5日にLIGO検出器の1つによって検出され、GW200115は2020年1月15日にLIGO検出器とVirgo検出器の両方によって検出されました。大きさ(GW200105の場合-7200平方度、GW200115の場合-600平方度)。 GW200105からの信号は931百万年の間地球に行き、GW200115からの信号は978百万年の間地球に行きました。

Image
Image

科学者たちは、90%の信頼レベルでのGW200105バーストの出現のシナリオは、8.9太陽質量のブラックホールと1.9太陽質量の質量の中性子星の融合であると結論付けました。 GW200115、ブラックホールの質量は太陽の5.7質量で、中性子星は太陽の質量-1.5です。どちらの場合も、合併によってブラックホールが発生しました。

研究者たちは、結果が中性子星とブラックホールの合併イベントの理論的予測、および銀河系の中性子星とブラックホールの特性と一致していることに注目しています。同時に、このようなイベントは、太陽から最大10億光年の距離で、平均して月に1回発生すると予想されます。

重力波とは何か、それらを登録する方法、そして「計量テンソルの頂上」と「量子鉛筆削り」の資料で科学者にとってなぜそれが重要なのかについて話しました。

トピックによって人気があります