二足歩行ロボットのキャシーは、1回の充電で5kmを走行しました

ビデオ: 二足歩行ロボットのキャシーは、1回の充電で5kmを走行しました
ビデオ: 脚の速い二足歩行ロボット見つけたよ【Humanoid robot】 2023, 2月
二足歩行ロボットのキャシーは、1回の充電で5kmを走行しました
二足歩行ロボットのキャシーは、1回の充電で5kmを走行しました
Anonim
Image
Image

オレゴン州立大学とAgilityRoboticsのアメリカ人エンジニアは、2本足のCassieロボットが1回のバッテリー充電で5km歩くことができたと述べています。スタジアムを歩いているときは44分弱で転倒することはなく、大学のキャンパス内を移動するときは53分でこの距離をカバーし、その過程で2回転倒したため、エンジニアは彼をノーマルモード。

近年、アトラスなどの歩行ロボットの開発者は、ロボットはもちろん、すべての人間ができるわけではない印象的なスキルを示しています。このような背景から、これらのロボットの基本的なスキルは長期的な解決策と見なされる可能性がありますが、6年前のDARPA二足歩行ロボット競技会では、多くのロボットがゆっくり歩いたり、立ったりしながら転倒しました。

Agility Robotics自体を含む多くの開発者は、二足歩行ロボットを使用するシナリオの1つとして配信を提供しているため、可能な限り歩行スキルを磨き、十分な容量のエネルギー源を装備する必要があります。オレゴン州立大学のDynamicRoboticsLaboratoryとAgilityRoboticsのエンジニアは、5,000メートルという人気のある走行距離と歩行距離を使用して、二足歩行のCassieロボットの機能を実証しました。

まず、エンジニアは理想的な条件でテストを実施しました。ロボットは、オペレーターの制御下で、平坦な地形のスポーツスタジアムにいる8つの形の軌道に沿って歩きました。合計で、ロボットは20のそのようなエイトを通過しました。その全長はわずか5キロメートルです。ロボットは43分59秒で5キロメートルを平均速度1.89メートル/秒(6.8キロメートル/時)でカバーしましたが、円の1つでは速度が2.15メートル/秒(7.44キロメートル/時)に達しました。

2回目のテストでは、ロボットを持ったエンジニアが大学の近くを散歩し、凹凸のある実際の街路を歩く能力をテストしました。今回、ロボットは53分3秒を費やしましたが、速度が遅いためではなく、2回の落下のためです。 1回目はコンピューティングモジュールの過熱によりロボットが故障し、2回目はコーナーの速度が速すぎたためにロボットが落下しました。エンジニアが問題を解決するのに6.5分かかったので、停車地を考慮せずに、路上で5kmを克服するのに約46分半かかりました。

2年前、Agility Roboticsは、Cassieをベースに、脚に体と腕を装備した本格的なヒューマノイドロボットを製造しました。そして2020年に、彼女はそれを売り始めました。

トピックによって人気があります