遠隔操作ロボットが公園の背の高い枝を切っていた

ビデオ: 遠隔操作ロボットが公園の背の高い枝を切っていた
ビデオ: 【HID】遠隔協調ロボット 2023, 2月
遠隔操作ロボットが公園の背の高い枝を切っていた
遠隔操作ロボットが公園の背の高い枝を切っていた
Anonim
Image
Image

Sarcos Roboticsは、公園で樹木を剪定するためのGuardianXTリモートコントロールロボットを展示しました。デモンストレーションでは、のこぎりを手にしたロボットが高さで枝を切り、バーチャルリアリティヘルメットとモーションキャプチャスーツで地面に立っているオペレーターの動きを複製しました。

ロボットの潜在的な用途の1つは、人々にとって危険な状況での作業です。たとえば、日本の福島原子力発電所や、より身近でありながら危険な高地での作業などです。自律型ロボットはまだ多くの複雑なタスクを実行できないため、多くの企業が専門家を危険な場所に「輸送」する遠隔操作ロボットを開発しています。長年、ボタン、ジョイスティック、その他の使い慣れたコンピューターコントロールを備えたリモコンがこれに使用されてきましたが、スペシャリストはスキルを適応させる必要があり、作業の準備時間と、場合によってはその品質に影響します。最近、エンジニアはロボットに外骨格制御を導入することが増えています。この制御では、専門家が通常の方法で腕を動かし、ロボットが動きを繰り返します。これらのロボットの中には、フィードバックも実装されているものがあり、そのおかげで人は手に抵抗を感じます。

ボディエンパワーメント用のクラシックな外骨格とリモート制御の外骨格ロボットの両方を製造するSarcosRoboticsは、2020年の終わりに新しいモデルを発表し、その使用例を示しました。開発は、高所作業車の揺りかごに取り付けられた、腕と頭を備えたヒューマノイドロボットです。ロボットの頭部に2台のカメラが設置され、ステレオペアを形成しています。ロボットの特徴は、腕の部分、目と他のサイズの間の距離が人間のものよりわずかに大きいが、それらに比例しているので、制御が自然であるということです。

作業を実証するために、同社は高さ関連の作業の1つである公園の木の枝の剪定を選択することにしました。電動のこぎりを手にしたロボットを木の横に置き、希望の高さまで持ち上げて、オペレーターの制御に移しました。彼は、VRヘルメット、ハンドコントローラー、および手に取り付けられたセンサーのセットを使用して、ロボットの動きを制御しました。同社はこのシステムを独自の設計と呼んでいますが、ビデオでは、オペレーターがジャイロスコープ、加速度計、磁力計を使用してリアルタイムで身体の3Dモデルを作成するXsensのモーションキャプチャシステムを使用していることがわかります。手を動かし、ボタンを押すだけでのこぎりを作動させることにより、オペレーターは危険な高さまで登ることなく、木の目的の枝を切り落とすことができました。

外骨格制御ロボットを開発しているのはSarcosRoboticsだけではありません。たとえば、昨年、韓国のNAVER LABSは、人間の動きを複製するだけでなく、自律的な作業のためにそれらを訓練することもできるロボットを導入しました。

トピックによって人気があります