"こんにちは世界。機械の時代に人間になる方法」

目次:

ビデオ: "こんにちは世界。機械の時代に人間になる方法」

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: まるで拷問!?残酷なフォアグラの生産方法【いのちをいただくことの有難み】 2023, 1月
"こんにちは世界。機械の時代に人間になる方法」
"こんにちは世界。機械の時代に人間になる方法」
Anonim

機械学習アルゴリズムは、ソーシャルネットワークでフィードを作成し、音楽を選択し、ロマンチックなパートナーの選択を支援して、数年前から私たちのために情報を探してきました。ただし、これはそれだけではありません。裁判官、医師、警察はすでに機械学習を実践に取り入れ始めています。本の中で「HelloWorld。機械の時代に人間になる方法」(コーパス出版社)は、ロンドン大学ハンナ・フライ校の数学者兼教授であるユリア・プリスキナによってロシア語に翻訳され、どの電力アルゴリズムが与えられているか、どのような問題が発生するか、そしてどこで、最後に、プログラム機能は終了し、人間の責任を開始します。 N + 1は、町の内外を同じようにうまくナビゲートできる完全自動運転車を構築するための障壁を強調する抜粋を読者に確認するように勧めています。

この本は、工業博物館の出版プログラムの一部として出版され、「PolytechnicBooks」シリーズの一部です。

Image
Image

交通規則の違反

最初のドローンレースが行われて以来、ベイズの定理と確率論の強力な力は、自動運転車の開発に多くの革新をもたらしました。ロボット工学のスペシャリストであり、英国の都市の路上でドローン車を設計およびテストするOxboticaの創設者であるOxfordの教授であるPaul Newmanに、彼の最新モデルがどのように機能するかを尋ねたところ、彼は次のように述べました。数百万行ですが、全体を確率論的推論として説明することができます。全体として。」

しかし、ベイズ推定は、自動運転車を作成する基本的な可能性を部分的に説明していますが、それはまた、生きているドライバーをまったく必要としない完全に自律的な車である、何を割るのが難しいかについての考えを私たちに与えます。

ポール・ニューマンは、「2台の車が高速で互いに向かっている」と言います。たとえば、2車線の高速道路では、一方が一方の方向に、もう一方がもう一方の方向に緩やかに曲がっています。運転手(男性)は、他の車がその車線に留まり、数メートルの安全な距離を通過することを確信しているので、絶対に落ち着くでしょう。 「しかし、かなり長い間、彼らはお互いにぶつかりそうです」とニューマンは説明します。そのような状況でパニックにならないようにドライバーなしで車を教える方法は?とにかく起こらない事故を防ぐために、車が道路の脇に引っ張られてほしくない。しかし、同じように、あなたが実際に正面からの衝撃の範囲内にいることに気付いたときに、彼女が脅威に反応することを望まないでしょう。そのようなマシンは、それらがどのように動作するかについて多かれ少なかれ合理的な仮定をすることしかできないことも忘れないでください。彼らの推測が常に正しいことをどのように保証しますか?ニューマン氏によると、これは「非常に難しい作業」です。

専門家は長い間それをめぐって争ってきましたが、解決策は存在します。他の正気のドライバーの動作をシミュレートする方法を理解する必要があります。しかし、残念ながら、このテクニックはすべての運転状況で効果的であるとは限りません。

「運転とはまったく関係のない運転のすべての側面で悪いことです」とニューマンは説明します。どういうわけか、たとえば音楽がアイスクリームバンから来たり、子供たちが歩道でボールで遊んだりする場合は、特別な注意を払う必要があることをアルゴリズムに教える必要があります。私たちは彼にカンガルーの奇妙なジャンプを認識するように教える必要があります(私が本を書いている間に、ボルボの専門家は彼らがこれに取り組んでいるとちょうど発表しました)。イギリスの田舎では、これはあまり重要ではありませんが、オーストラリアでは、このスキルなしで道路に車を置くことは危険です。

さらに悪いことに、ルールを破る必要がある場合があることを車にどのように説明しますか?あなたが赤い信号の前に立っていて、突然人があなたの前で走り出し、必死に手を振って前進したとしましょう。または、ライトが点滅している救急車が狭い通りに沿って潜入し、歩道を通過するには歩道に登る必要があります。または、狭い高速道路では、燃料タンカーが「形成」されており、どうしてもそこから出なければなりません。

「そのようなことは道路の規則で詳しく説明されていません」とニューマンは正しく指摘します。ただし、人間の助けなしに運転するように設計された完全自動運転車は、このような状況に対処できなければなりません。緊急のものでも。

これらの障害を克服できないとは誰も言いません。 「私たちは、私たちが望むどんなIQまでも車を上げることができると思います」とニューマンは私に言いました。 "それは時間の問題です。"悲しいことに、近い将来ではないようです。私たちはおそらく、ロボットカーの大切な夢の実現から、私たちが思っているよりもはるかに遠いのでしょう。

この素晴らしいおもちゃ(ハンドルなしでどんな道路でも運転できる自給自足の車)を作成するには、別のレベルの複雑さを経験する必要がありますが、これはテクノロジーに関するものではありません。完全自動運転車は、人間の癖にも対処します。

テクノロジーが社会に与える影響を研究しているロンドン大学ユニバーシティカレッジの社会学者、ジャックスティルゴーは、次のように述べています。彼らは風景の中の受動的な人物ではなく、人生の積極的な参加者です。」

完全に独立したロボット車両のある世界を少し想像してみてください。オンボードコンピューターのルール1は、可能な限り衝突を回避することです。これにより、道路の運転モードが変わります。自動運転車の前に立つと止まるはずです。急に交差点で彼女の前に飛び出した場合、彼女はそれを素直に受け入れるべきです。

ロンドンスクールオブエコノミクスの世論調査の参加者の1人は、2016年に次のように述べています。彼らを立たせれば、あなたは彼らの真正面を静かに歩くことができます。」翻訳:これらのマシンはプッシュすることができます。

Stilgow氏は、「これまで道路で比較的無防備だった人、たとえばサイクリストは、自動運転車の前でずる賢く転がることができ、どのような状況でも害を及ぼすことはないと確信しています」と同意します。

おそらく、この迷惑は、彼らの利点を乱用するサイクリストや歩行者に厳しい規則を導入することによって取り除くことができます。実際、そのような法律はすでに採用されています-少なくともそれが想定されていない道路を横断する人々に関しては。または、車が出現した後に他の道路利用者と同じように高速道路から部外者を排除すると、自転車、カートやカートを持った馬、高速道路に歩行者がいなくなります。

本格的なドローンが必要な場合は、これまでの経験に基づいて、攻撃的なドライバー、アイスクリームバン、道路で遊ぶ子供、道路工事の警告標識、歩行者、救急車、サイクリスト、車椅子のユーザーの数を制限する必要があります。自動運転車の動きを妨げるその他すべて。素晴らしいですが、彼らが私たちに宣伝しているものとは異なります。

「自律性と輸送に関するこの話はすべて、世界が変わらないことを前提としています」とStilgow氏は言います。 -すべてがそのまま残り、ロボットだけが人間よりも悪くはなく、時間の経過とともにさらに良く世界をナビゲートすることを学びます。私の意見では、これはただの愚かさです。」

しかし、ちょっと待ってください、あなたは思うかもしれません。これはすでに通過した段階ではありませんか? Google Waymoはすでに数百万マイルを計測していませんか?このブランドのドローン(または少なくともほぼ完全に自動運転車)は、アリゾナ州フェニックスの街をすでに歩き回っていませんか?

はい、確かに。しかし、道路はどこでも同じではありません。ほとんどの場合、運転はとても簡単なので、数マイル半眠って運転することができます。さらに難しいセクションもあります。私がこれを書いている時点では、Waymoの車はどこにでも移動することは許可されておらず、「ジオフェンス」されています。つまり、割り当てられた小さな領域の制限を離れてはなりません。これは、メーカーが2020年と2021年までにそれぞれ道路に持ち込むことを約束しているダイムラーとフォードのドローンでも同じです。彼らは特定の地域でのみ乗客を運ぶことが許可されています。したがって、自律性の問題は大幅に単純化されます。

ポール・ニューマンは、自動運転車の仮想的な未来について次のように説明しています。これは市内で可能であり、高速道路に道路や牛が不明瞭な場所では不可能です。たぶん、特定の時間と特定の気象条件の下で。運送会社が利用する」と語った。

これは完全な自律性とまったく同じではありません。 Jack Stilgowは、避けられない妥協を喜んで行います。「おそらく自律システムでは、世界は実際には自律に見えるように制限されています。」

私たちが信じるようになった絵は蜃気楼のようなものです。常にパーソナルドライバーが乗車している高級車を目にしますが、よく調べてみると、これは地域内のミニバスにすぎないことがわかりました。

私がまだあなたを納得させていない場合、私は最も権威のあるアメリカの自動車雑誌の1つであるCar andDriverに議論を終える権利を与えます。

近い将来、そして今後数十年でさえ、通りが自動運転車で溢れ、事故のない素晴らしい生活がもたらされるとは、自動車メーカーの誰も予想していません。しかし、彼らはウォール街で真剣に受け止められることを望んでおり、運転への興味を着実に失っている人々の想像力を刺激しようとしています。その間、試験は進行中であり、彼らは最新の運転支援システムを搭載したより多くの車を販売することを望んでいます。

運転支援システムはどうですか?結局のところ、自動運転車はすべてと無の間の選択を意味するものではありません。

自律制御の技術では、ゼロ(自律性なし)から素晴らしい5番目、つまり完全な自律性まで、6つのレベルが区別されます。それらの間には、自動速度制御を備えた第1レベルから、ジオフェンス条件での自律制御を備えた第4レベルまでの車があります。簡単に言えば、最初のレベルは脚がなく、2番目は腕がなく、3番目は目がなく、4番目は頭がありません。

したがって、5番目のレベルはまだ地平線に迫っていませんが、4番目のレベルは私たちがそれほど熱心に宣伝しているものではありませんが、トップに向かう途中でかなりの程度の自動化を達成できます。自家用車のレベルを徐々に上げることの何が問題になっていますか?結局のところ、人が運転席に座り、緊急時に制御できるハンドルとブレーキペダルを備えた車を作ることは可能ですか?おそらく、技術が発展している間はそれで十分でしょうか?

残念ながら、すべてがそれほど単純なわけではありません。この物語の筋書きには、もう1つ、最後のひねりがあります。他のすべての問題。この障害は、人間の介入なしに完全に自律的な制御のレベルに達しない限り、常に邪魔になります。

トピックによって人気があります