Ingenyuitiが火星の最初のカラー画像を空中から送信

ビデオ: Ingenyuitiが火星の最初のカラー画像を空中から送信
ビデオ: NASAが「火星の音」を公開 2023, 2月
Ingenyuitiが火星の最初のカラー画像を空中から送信
Ingenyuitiが火星の最初のカラー画像を空中から送信
Anonim
Image
Image

最初の地球外ドローンであるIngenyuitiは、赤い惑星の大気圏での2回目の飛行中に撮影された火星のカラー写真を送信しました。 NASAのウェブサイトによると、ヘリコプターの影、着陸脚の先端、およびパーサヴィアランスローバーのホイールトラックが表示されます。

インジェニュイティは、ヘリコプターに適した飛行場を見つけてそこに落としたパーサヴィアランスローバーによって火星に運ばれ、飛行観測点に向かいました。 2021年4月19日、ドローンは火星で初めて制御された飛行を行い、そのようなデバイスが希薄な大気で動作できることを実証しました。 4月22日、デバイスは空中で51.9秒を費やし、この間に5メートルの高さまで上昇し、この高さで合計4メートル飛行し、自身の軸を中心に3回転しました。

2回目の飛行中、ドローンは、ナビゲーション用の白黒カメラだけでなく、カラーカメラを使用して周辺地域の写真を撮りました。 4月23日、エンジニアのチームが、惑星の表面から5.2メートルの高さから撮影されたドローンによって撮影された火星の最初のカラー画像を公開しました。ヘリコプターの影、着陸脚の先端、砂の中のローバーの痕跡が表示されます。

4月25日、ドローンは3回目以降の飛行が困難になります。高さ5メートルまで上昇し、横に50メートル飛行し、向きを変えて元の位置に戻り、100メートル飛行する必要があります。この場合、最大飛行速度は毎秒0.5メートルから2メートルに増加し、合計飛行時間は約80秒になります。

私たちの記事「火星のプロペラ」で、赤い惑星でのドローン飛行の特徴について読んでください。

トピックによって人気があります