WHOは武漢研究所からのSARS-CoV-2リークを調査しません

ビデオ: WHOは武漢研究所からのSARS-CoV-2リークを調査しません

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: WHOコロナ報告書「武漢研究所からの流出可能性は極めて低い」【新型コロナ】 2023, 1月
WHOは武漢研究所からのSARS-CoV-2リークを調査しません
WHOは武漢研究所からのSARS-CoV-2リークを調査しません
Anonim
Image
Image

本日、SARS-CoV-2の起源に関するWHOグローバル研究の記者会見で、実験室での事件は科学者の仮説の1つであったが、そのようなシナリオは「非常にありそうもない」と結論付けたことが発表されました。さらなる調査は必要ありません。次に、WHOは、コロナウイルスが武漢市場にどのように到達したかについての他の仮説を探求することに焦点を当てる予定です。記者会見の記録は公開されています。

covidの最初の発生は、2019年12月中旬に中国の武漢市で正式に登録されました。2020年1月中旬に最初の患者がこの病気で死亡し、最初の患者が台湾と韓国に現れました。しかし、「患者ゼロ」の検索はまだ終わっていません。したがって、2020年の春に、イタリアの研究者は、廃水分析に基づいて、コロナウイルスが早くも2019年12月、つまり武漢と同時に国内に出現する可能性があることを発見しました。中国当局は、この病気の発生に迅速に対応せず、国際社会から流行の規模のデータを隠していることで多くの批判を受けました。ウイルスが生物兵器である、または武漢での流行が武漢ウイルス研究所の科学者の活動に関連しているという非難もありました。

2021年1月、WHO特別ミッションのメンバーが中国に到着し、ついに新しいコロナウイルスの起源とそれが地球全体にどのように広がるかについての国際調査を開始しました。武漢で同じ問題を調査している中国のチームは、収集したデータをミッションで共有し、2019年12月のcovidの発生を取り巻くイベントの目撃者と参加者に提供しました。 WHOは本日、中国のカウンターパートとの共同記者会見を開催し、ミッションの中間結果を発表しました。

中華人民共和国国家保健委員会の特別「共同委員会」の責任者、梁万年。彼によると、中国での彼らの調査は7月末に始まりました、そして今、彼の意見では、WHOの使命は最初にどの動物が病気の貯蔵所であったかという問題の研究に焦点を合わせる必要があります。研究者たちは、covidが人獣共通感染症であることは間違いありません。しかし、彼らはまだウイルスの元の「宿主」を確立することができていません。コウモリと鱗甲目の研究されたコロナウイルスは、SARS-CoV-2から遠すぎて、それらとCOVIDの原因物質との間の直接的な連続性を確認できません。 -19。新しいコロナウイルスに対して非常に脆弱な動物(ミンクなど)の存在は、コウモリと人間の間に仲介者がいた可能性が高いことを示唆しています。しかし、既存のデータは検索の範囲を絞り込むのに十分ではありません。

リャンはまた、武漢での医療記録の分析は、2019年12月までcovid病の症例を明らかにしなかったと述べました。同時に、中国人は、武漢市場は確かに歴史的に最初のcovidの発生と関連していたが、データは、ウイルスの伝播が他の同様の市場を含むその外で起こったことを立証することができた。

科学者はまた、武漢近郊の野生動物の集団の研究は、2019年12月までの人間の病気に関するデータの欠如とともに、ウイルスがウイルスであるという仮説をさらに強化するSARS-CoV-2の存在を明らかにしなかったことを指摘しました武漢に「輸入」されました。したがって、将来的には、委員会は、梁によると、SARS-CoV-2のコンテナとなる可能性のある武漢市場への冷凍肉の配送のためのロジスティクスチェーンを調査する必要があります。

ミッションの国際チームの責任者であるピーター・ベン・エンバレクは、2019年12月の発生前にSARS-CoV-2がどこに流行したかを将来WHOが正確に把握する必要があるという中国の対応者の言葉を確認しました。新しいコロナウイルスの「祖父」がおそらくコウモリのウイルスに属しているという事実は、科学者の間で特別な疑いを引き起こしません。しかし、人間への移行の詳細な歴史はまだ確立されていません。エンバレクによれば、この任務には武漢で何が起こったのかについて4つの仮説がありました。

  1. コウモリから人への直接感染がありました。

  2. 人に近い他の動物を介した伝達がありました。

  3. 冷凍食品を介した感染が発生しました。

  4. ウイルスは、実験室での事件の結果として人口に侵入しました。

ミッションメンバーは、これらの仮説を「可能性が高い-可能性が低い」スケール、既存の科学文献、および記者会見で詳細に開示しなかった新しい発見にランク付けしました。その結果、仮説の評価は次のようになりました。科学者は仮説(2)を最も可能性が高いと見なし、次に(3)、次に(1)、そして仮説(4)を「非常に」と見なしました。ありそうもない」。

その後、聴衆からの明確な質問に応えて、WHOミッションの別のメンバーであるマリオン・クープマンスは、科学者が評価に使用した「確率」を計算することは不可能であると述べ、実験室での事故の可能性..。彼女によると、ウイルスが実験室から武漢市場に侵入した場合、それは人工ウイルスのいずれかである可能性がありますが、このバージョンは世界科学界によって拒否されました(これについては「あなたは人工的です」の記事で詳しく説明しました) )-またはさらなる研究のために動物から分離された地元の研究所にあるウイルス。武漢のどの科学機関でもSARS-CoV-2の痕跡は見つかりませんでした。したがって、WHOの専門家もこのバージョンを受け入れられないと認識しました。

将来的には、ミッションは地元の科学研究所からのウイルス漏出シナリオの可能性を調査し続けることはなく、残りの3つの仮説に焦点を当てます。これを行うために、科学者は武漢市場への商品のサプライチェーンを回復し、武漢以外の中国の野生動物の集団で関連するウイルスを探し続けることを計画しています。詳細なレポートは後日公開されます。

WHOの使命が元のSARS-CoV-2ウイルスの起源を明らかにしている間、コロナウイルスの新しい亜種(英国、南アフリカ、ブラジル)が地球全体に広がり始めています(そのうちの約1つ-私たちの資料「新しいもの」)。そして、コウモリに最初に病気になった人が(少なくとも間接的に)コウモリと接触した可能性がある場合、人々はすでに新しい亜種の源でした。私たちの資料「TheBatmenAmongUs」でそれらについて読んでください。

トピックによって人気があります