日本人はトナカイに食用の鞄を与えます

ビデオ: 日本人はトナカイに食用の鞄を与えます
ビデオ: 全集中でウナギを食す外国人美女!老舗うなぎ割烹料理に感動【海外の反応】カルチャーショック 2023, 2月
日本人はトナカイに食用の鞄を与えます
日本人はトナカイに食用の鞄を与えます
Anonim
Image
Image

奈良市の公園にいるニホンジカ。

日本の奈良市では、リサイクルされた段ボール箱と米ぬかで作られたバッグを思いついた。本発明は、人々の手から食物を取り、プラスチックごみを食べた後にますます死にかけている地元の公園からの有名な鹿の生活を楽にするでしょう。 BBCによると、彼らは自分たちに害を及ぼすことなく新しいパッケージを食べることができるでしょう。

近年、科学者たちはプラスチック廃棄物が自然に与える害について定期的に報告しています。まず第一に、海洋住民は、クジラやイルカが死んでパケットを窒息させたり、光合成シアノバクテリアに苦しんでいます。光合成シアノバクテリアの成長は、ポリエチレンやポリ塩化ビニルの分解中に放出される物質によって悪影響を受けます。

プラスチックは土地の住人にとっても危険です。これを最も確信しやすい場所の1つは、日本の主要なアトラクションの1つである日本の奈良市にある有名な公園です。ここには1200頭以上のニホンジカ(Cervus nippon)が生息しており、人々を恐れず、手から食べ物を喜んで受け入れます。

残念ながら、人間の近くにいることは、鹿にとって災いになることがあります。これらの動物にプラスチック包装で販売されていない特別な無糖クラッカーを与えることだけが許可されていますが、多くの観光客は禁止に違反し、トナカイの他の食べ物を提供し、そこからラッパーを捨てます。プラスチックの残骸の匂いに惹かれて、動物はそれを食べ、病気になり、より頻繁に死にます。たとえば、昨年、公園で鹿が4キログラムのゴミを胃に入れて死んでいるのが発見されました。

奈良の製紙会社の責任者である中村隆は、この問題の解決策を見つけました。彼は、化粧品の卸売業者とデザイナーの2人の地元の人々と協力して、リサイクルされたミルクカートンと米ぬか(トナカイのクラッカーの製造に使用)で構成されるトナカイに安全なバッグを設計しました。日本の食品研究所はバッグをテストし、鹿は健康に害を与えることなくバッグを食べることができると結論付けました。

鹿に安全なバッグが発売されました。これまでに、旅行代理店、薬局、銀行を含む6つの地元企業が約3,500台を購入したと中村氏は語った。

Image
Image

銀行員が鹿に安全な鞄を実演します。

おそらく、本発明は奈良公園のプラスチック廃棄物の問題を解決するのに役立つでしょう。ただし、1つの都市以外での大規模な使用には適していません。事実、鹿に安全なパッケージはそれぞれ100円(約0.95ドル)かかります。これは、わずか数セントの通常のパッケージよりもはるかに高価です。

他の国では、プラスチック汚染との戦いはより高いレベルに達しています。たとえば、英国では10月1日以降、飲み物用のプラスチック製のストローとスティック、および綿棒の禁止が導入されました。さらに、使い捨てのビニール袋の最低価格は1か月前に2倍になりました。

トピックによって人気があります