さまざまなシナリオで示されているフルサイズのGuardianXO外骨格

ビデオ: さまざまなシナリオで示されているフルサイズのGuardianXO外骨格
ビデオ: Nikon Z9, SONY α7IV, LUMIX BS1H... 注目のフルサイズ機が登場間近! 2023, 2月
さまざまなシナリオで示されているフルサイズのGuardianXO外骨格
さまざまなシナリオで示されているフルサイズのGuardianXO外骨格
Anonim
Image
Image

Sarcos Roboticsは、さまざまなタスクを解決するためのフルサイズのGuardianXO外骨格の使用を示すビデオを公開しました。 1つのアプリケーションは空港での手荷物の積み込みであり、SarcosとDelta AirLinesの共同パイロットプロジェクトで外骨格がすでに使用されています。

現在入手可能な市販の外骨格は、目前の特定のタスクに合わせて調整されており、LGの脚の外骨格など、体の特定の部分のみを強化する傾向があります。これにより、より軽量で効率的なデバイスを構築できますが、そのような外骨格は他のタスクを解決するのには適しておらず、サイエンスフィクションの実物大のロボットスーツとはほとんど似ていません。

フルサイズの外骨格は、アメリカの会社SarcosRoboticsによって開発されています。長い間、プロトタイプは油圧式であり、制御するには資格のあるオペレーターが必要でしたが、ロボット工学の開発により、電気駆動装置に切り替えることが可能になり、同社は2019年初頭に最初のシリアルの作成に取り組んでいると発表しましたフルサイズの外骨格であり、それを制御するために特定のスキルを持っている必要はありません。 2019年の終わりに、SarcosはGuardianXOと呼ばれるモデルを発表しました。外骨格は最大90キログラムの負荷を持ち上げることができますが、オペレーターは4.5キログラムのレベルで負荷を感じるでしょう。

2020年の初めに、同社はDelta Air Linesとのパイロットプロジェクトを開始しました。このプロジェクトでは、外骨格を使用して手荷物を積み込み、SarcosはGuardianXOの他の可能なシナリオを示しました。公開されたビデオでは、外骨格はバッグやボックスをコンベヤーベルトやラックに積み込むためだけでなく、他のタスクも実行します。たとえば、重い荷物を積んだカートを押したり、ホイールを取り付けたりするのに役立ちます。

荷物を移動するために、ロボットアーム用のさまざまなアタッチメントが使用されます。そのため、スーツケースやロープハンドル付きの重い箱には、長いフックが使用され、タイヤのシフトには、2つのプレートが下に曲がったノズルが使用されます。ビデオはまた、オペレーターがロボットアームのコントロールハンドルを簡単に離して、自分で小さな動きをすることができることを示しています。

外骨格の動きの速度と振幅は、デバイスが故障した場合に人を傷つけないように、ハードウェアとソフトウェアの両方によって制限されていることに注意してください。これらの制限はビデオで確認できます。これは、歩くときに特に顕著です。外骨格の操作者は、小さく明確に固定されたステップで移動します。

Guardian XOは、SarcosRoboticsの最初の大量生産されたロボット製品ではありません。 2017年、同社はGuardian GTリモコンロボットを発表しました。このロボットの腕には、7自由度があり、最大450kgの荷物を持ち上げることができます。それを制御するために、オペレーターは別の外骨格コントローラーとバーチャルリアリティグラスを使用します。

トピックによって人気があります