トヨタはプリウスをソーラーパネルでテストする

目次:

ビデオ: トヨタはプリウスをソーラーパネルでテストする
ビデオ: フルエアロプリウス!ソーナーパネルで充電もバッチリ!【TOYOTA PRIUS S Navigation Package】 2023, 2月
トヨタはプリウスをソーラーパネルでテストする
トヨタはプリウスをソーラーパネルでテストする
Anonim
Image
Image

トヨタは、移動中でもメインバッテリーを充電できるソーラーパネルを搭載したハイブリッドプリウスのプロトタイプのテストを開始しました。晴れた日には、太陽からの再充電により、範囲が50km以上増える可能性があるとElectrekは報告しています。

太陽光発電の電気自動車は、「グリーン」輸送の開発の有望な方向性としてエンジニアや科学者に長い間関心を寄せてきましたが、これまでの既存の技術では、実験用の自動車にしか電力を供給できません。たとえば、太陽光発電のワールドソーラーチャレンジなどです。わずか数セントの重さのレースカー。同時に、民間の量産車は数倍(通常約1.5トン)の重量があり、オーディオシステムやオーディオシステムなど、動きに直接関係のない補助機能にも多くのエネルギーを費やしています。空調。

トヨタは過去にソーラーパネルを実験したことがありますが、当時は小型で、車載電子機器や周辺機器を担当する補助バッテリーを充電するためだけのもので、エンジンには電力を供給していませんでした。新しいプリウスのプロトタイプは、ハイブリッドのメインバッテリーを再充電する34パーセントの太陽光発電変換率を備えた多層ソーラーパネルを備えています。

Image
Image
Image
Image
Image
Image

パネルは車のボンネット、ルーフ、トランクリッドに取り付けられています。駐車場の晴れた日の車は、44.5キロメートルの範囲に相当するエネルギーを得ることができ、動いているプリウスは56.3キロメートルを充電します。

エディターから

晴れた日の50キロはあまり印象的ではないかもしれませんが、実際にはプリウスはそれ自身のバッテリー範囲が通常さらに狭く、20〜40キロに制限されています。さらに、圧倒的多数の人々が毎日の旅行のために数十キロメートル以上のパワーリザーブを必要としないことを忘れないでください。

選択されたパネルの商用利用の計画はまだ報告されていませんが、構築されたプロトタイプは愛知県と東京の他の地域でテストされることは注目に値します。 NEDOおよびSharpと組み合わせて実施されるテストは、ハイブリッドの太陽電池パネルの効率を評価することを目的としています。

同じ方向に進んでいる他の会社があります。最近、オランダの会社Lightyearは、1回のバッテリー充電で最大725kmを走行できるOne電気自動車の注文を受け付け始めました。小型車の特徴はソーラーパネルで、晴れた日には最大33kmのバッテリー充電が可能です。

トピックによって人気があります