シミュレーションは、過去300万年にわたる大気中の二酸化炭素のピーク濃度を示しています

ビデオ: シミュレーションは、過去300万年にわたる大気中の二酸化炭素のピーク濃度を示しています

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 【※辛口注意】忖度なしで本格タクティカルRPG『ディサイプル リベレーション』をプレイした感想をガチレビュー!【ゆっくり解説、PS4/PS5、新作、評価、酷評、クソゲー、神ゲー、シミュレーション】 2023, 2月
シミュレーションは、過去300万年にわたる大気中の二酸化炭素のピーク濃度を示しています
シミュレーションは、過去300万年にわたる大気中の二酸化炭素のピーク濃度を示しています
Anonim
Image
Image

古気候データに基づくコンピューターシミュレーションによると、地球の大気中の二酸化炭素濃度は過去300万年にわたってピークに達し、この期間の平均地球温度は産業革命前のレベル(1850-1900)を2回以上超えていませんでした。摂氏。記事はジャーナルScienceAdvancesに掲載されました。

2017年の大気中のCO2濃度は体積で405.5ppmに達し、2018年の世界平均気温は1850〜1900年の平均を0.99±0.13℃上回りました。政府間専門家グループの推定によると、人類が温室効果ガス排出量を削減しない場合、21世紀の世界平均気温の上昇は摂氏2度の安全しきい値を超えるでしょう-2015年のパリ協定はこれを超えないことを目的としていますしきい値。

ポツダム気候変動研究所のMatteoWilleitと彼の同僚は、CLIMBER-2気候システムの新しいコンピューターモデルを構築しました。これは、特に過去300万年にわたる過去の気温と温室効果ガス濃度を関連付けてきました。 「今、コンピューターモデルの助けを借りて、二酸化炭素濃度の変化が、いわゆるミランコビッチサイクルとともに、氷河期の主な推進力であったことを示すことができます。結果を海底堆積物のデータと比較したところ、よく一致しています。結果は、地球の気候システムがCO2濃度の比較的小さな変動に非常に敏感であることを示しています。それは非常に興味深いですが、同時に気がかりです」と、研究所の報道機関によって引用されたウィラテは言いました。

科学者のモデルは、過去数百万年にわたる自然の気候変動の要因、特にミランコビッチサイクル、氷床コアからの空気サンプルから回収された大気中のエアロゾルの濃度、およびその他の要因を考慮に入れています。作品の共著者であるアンドレイ・ガノポルスキーによれば、このモデルは地球の平均気温に関する古気候データをよく再現しています。特に、その助けを借りて、自然の理由で大気中の二酸化炭素濃度の漸減(氷床コアのデータから、そして例えば底部堆積物中の代理指標によって回復された)が第四紀の北半球における氷河期の決定的要因。

記事の著者は、二酸化炭素の濃度が増加し続けると、人類はこの指標と平均気温の両方の観点から、現在の地質学的期間では前例のない状況に陥ることになるだろうと述べています。

これまでのところ、状況はこの方向に進んでいます。国際エネルギー機関によると、2018年の世界のエネルギーからの二酸化炭素排出量は、過去10年間のエネルギー需要の記録的な増加により、1.7%増加して331億トンになりました。

トピックによって人気があります