アメリカ人はなでるためにロボットペットを作りました

ビデオ: アメリカ人はなでるためにロボットペットを作りました

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: トイザらス限定 ちいさなアクアリウム おもちゃ ぷくぷくクマノミ 2023, 1月
アメリカ人はなでるためにロボットペットを作りました
アメリカ人はなでるためにロボットペットを作りました
Anonim
Image
Image

トンボットは、歩くことはできないが、触ると尻尾を振ったり頭を動かしたりできる同名のロボット子犬を開発しました。リリースの時点で、TombotはKickstarterで必要なしきい値の2倍を引き上げました。

多くの高齢者は健康上の理由で本物の犬を自分で世話することができず、そのような場合、代替の解決策を使用することができます-たとえば、動物の感情的なサポート機能を治療用のおもちゃに部分的に置き換えるなどです。そのようなインタラクティブなおもちゃは長い間存在していましたが、原則として、それらは非常に単純であり、現実的な外観と動作を持っていません。

Tombotの作成者は、リアリズムに依存することにしました。開発者によると、ロボットの子犬は主に高齢者を助けることを目的としています。 Tombotは、センサーを備えたリアルな外観のアニマトロニクスロボットであり、デバイスがストロークの方法と場所を検出できるようにします。撫でることに応じて、ロボットの子犬は頭を動かし、尻尾を振る。また、ロボットの子犬は音声コマンドに応答して吠えることができます。

クラウドファンディングキャンペーンの一環としてのロボットの子犬の費用は299ドルで、最初の購入者は2020年5月にデバイスを受け取ります。

ストローク専用に設計されたロボットは他にもあります。たとえば、日本のスタートアップユカイエンジニアリングは2017年にQooboを発表しました。これは、撫でられると尻尾を振る小さな猫の枕です。

トピックによって人気があります