人為的気候変動は、5シグマ基準によって示されました

ビデオ: 人為的気候変動は、5シグマ基準によって示されました
ビデオ: #気候変動 #温暖化 人為的CO2温暖化論の根底を破壊します~ダイジェスト版【環境問題・温暖化・気候変動】 2023, 2月
人為的気候変動は、5シグマ基準によって示されました
人為的気候変動は、5シグマ基準によって示されました
Anonim
Image
Image

米国、カナダ、英国の研究者によると、気候変動が人間の活動によって引き起こされるという科学者の信頼度は、2016年に物理学などで採用された5シグマのいわゆる「ゴールドスタンダード」に達しました。 。彼らの解説は、ジャーナルNature ClimateChangeに掲載されました。

統計分析におけるシグマは標準偏差であり、その数学的期待値の周りの確率変数の分散の尺度です。シグマの数によって、量の真の値が得られた結果と異なる確率、つまり測定が正しくない確率を決定するのが通例です。シグマが大きいほど、この確率は低くなります。物理学では、5つの標準偏差の統計を蓄積できる場合に実際の発見について話すのが通例です(5つのシグマはランダムでない結果の確率の99.9999パーセントです)。

ローレンスリバモア国立研究所のベンジャミンサンターと彼の同僚は、気候科学が今年マークする3つの40周年についてコメントしています。これは、地球の気候に対する温室効果ガス放出の影響に関するいわゆるチャーニーレポートの出版物、気候研究における信号とノイズの問題に関するクラウスハッセルマンの研究の出版物です(ウェブ上では利用できない研究)。ここで初めて、気候変動における人間の役割を確認する試みが行われ、アメリカの宇宙船での気候の衛星観測が開始されました。

特に著者らは、チャーニーの報告では、科学者が今日持っている大量のデータが不足しているにもかかわらず、大気中の二酸化炭素濃度の変化に対する気候の感度について正しい結論が導き出されたことに注目しています。温暖化の社会経済的影響の正しい予測が与えられました… 40年間の一連の衛星データにより、ハッセルマンのアイデアを適用し、対流圏の観測された温暖化と成層圏の下層の冷却における「人間の足跡」を自信を持って検出することが可能になりました。

「これで、次の質問に答えることができます。対流圏温暖化における人為的信号が、自然の気候変動のノイズから最初に現れたのはいつですか。このために、ハッセルマン法と同様の方法を使用しました。対流圏温暖化の人為的信号は、私たちが持っている3つの衛星データセットすべてで高い信頼度で検出されます。 3つのセットのうちの2つでは、素粒子物理学のゴールドスタンダードによると、5シグマ信号が2005年までに検出されます(3番目のセットでは、これは2016年に発生しました-N + 1)。人類はそのような明確な信号を無視する余裕はありません」と科学者たちは解説に書いています。

Image
Image

3つの衛星データセットでの人為的信号検出

2013年の気候変動に関する政府間パネルの公式報告書によると、1950年代半ば以降の最近の気候変動が人間の活動によるものである可能性は95%と推定されています。次のそのような報告は2021年に予定されています。

一方、温暖化の影響は、今日すでに観察されています。オーストラリア環境エネルギー省は最近、サンゴ礁のモザイク尾のラット(Melomys rubicola)を絶滅した動物として公式に分類しました。科学者たちは、2016年に気候変動による絶滅を報告しました。

トピックによって人気があります