NASAは、マナロ火山の噴火を2018年に最大と名付けました

ビデオ: NASAは、マナロ火山の噴火を2018年に最大と名付けました

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 世界最大の海底火山噴火 2023, 2月
NASAは、マナロ火山の噴火を2018年に最大と名付けました
NASAは、マナロ火山の噴火を2018年に最大と名付けました
Anonim
Image
Image

大気中に放出された二酸化硫黄の量による2018年の最大の火山噴火は、太平洋の島国であるバヌアツの名を冠した島での、青葉としても知られるマナロ山の噴火でした。これは、NASA EarthObservatoryのメッセージに記載されています。

マナロ山、または青葉は、オーストラリア東部の太平洋の州、バヌアツにある活発な楯状火山です。メッセージに記載されているように、2018年の活動中に、火山は噴火の最も活発な段階で7月に少なくとも40万トンのSO2を上部対流圏と成層圏に放出し、わずか1年で少なくとも60万トンを放出しました-これ2017年のすべての噴火を合わせたものの3倍です。

Suomi-NPP衛星のOMPS機器からの成層圏二酸化硫黄マップは、ガラパゴス諸島のマナロ火山、ハワイのキラウエア火山、およびシエラネグラ火山からのSO2排出量の相対量を示しています。グラフは、2018年7月と8月の成層圏の二酸化硫黄の総質量を示しています。

Image
Image

2018年7月28日の成層圏のSO2濃度

Image
Image

2018年7月から8月の成層圏のSO2の量

科学者たちは、SO2は大気中に長く「住む」ことはないが、成層圏で硫酸塩エアロゾルを形成し、成層圏に数か月または数年も留まる可能性があると指摘しています。 1991年のピナトゥボ山の噴火などの極端なケースでは、これらのエアロゾルは気候に冷却効果をもたらす可能性がありますが、それを目立たせるには、少なくとも500万から1000万トンのSO2が必要です。世界の気候に重大な影響を与えることができます。

大きな注目を集めている2018年のもう一つの噴火は、大津波を引き起こしたインドネシアの火山アナククラカトアの噴火です。噴火の間に、火山は4倍になり、古い火口を失いましたが、ほとんどすぐに新しい火口を取得しました。

トピックによって人気があります