WHOは風疹に対するロシアの勝利を認めた

ビデオ: WHOは風疹に対するロシアの勝利を認めた

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 【独自】ロシア重要人物インタビュー1日本への期待(19/11/17) 2023, 2月
WHOは風疹に対するロシアの勝利を認めた
WHOは風疹に対するロシアの勝利を認めた
Anonim
Image
Image

ロシア連邦保健省のプレスセンターは、世界保健機関による風疹に対するロシアの勝利の承認を発表しました。 TASSによると、WHOは、ロシアが「風疹の感染をほぼ3年間停止した」国の地位を獲得したことを確認した。

風疹は通常、全身の赤い発疹を特徴とする無害なウイルス性疾患であり、主に子供に発症します。病気の潜伏期間は約3週間で、比較的穏やかです。しかし、風疹は妊婦に大きな危険をもたらします。妊娠初期の風疹への感染は、心血管系の障害を含む赤ちゃんの先天性欠損症や流産につながる可能性があります。

多くの国で、幼い頃の風疹ワクチン接種が義務付けられていると考えられており、世界中で症例数が大幅に減少しています。たとえば、2015年、WHOは南北アメリカの国々に風疹がまったくないことを認めました。

現在、ロシア保健省によると、風疹に対する勝利はロシアでも認められています。同省のプレスセンターによると、ヴェロニカ・スクヴォルツォワ保健相は、WHOヨーロッパ地域事務所のZsuzhanna Jakab局長から、2015年から2017年の終わりまでに風疹の完全な撲滅を達成したとの証明書を受け取った。この文書は、はしかの検証のための欧州地域委員会の委員長と風疹除去ガンターファフによって署名されました。ステータスの割り当てに関する公式声明は、WHOのWebサイトにはまだ掲載されていません。

2014年にロシア保健省が提案した予防接種カレンダーの最新の更新によると、子供は1歳で風疹の予防接種を受ける必要があり、6歳で再予防接種が行われます。また、これまでに予防接種を受けたことがない女性は、18歳から25歳の間に予防接種を受ける必要があります。

トピックによって人気があります