米国当局は、国内のハリネズミにキスしないようにアドバイスしています

ビデオ: 米国当局は、国内のハリネズミにキスしないようにアドバイスしています
ビデオ: 在日k国人が母国に帰国した瞬間、日本とあまりにも違う異常な光景に後悔!「流石におかしいだろ…」【海外の反応】 2023, 2月
米国当局は、国内のハリネズミにキスしないようにアドバイスしています
米国当局は、国内のハリネズミにキスしないようにアドバイスしています
Anonim
Image
Image

米国疾病予防管理センター(CDC)は、動物によって運ばれるサルモネラの小さな発生のために、国内のハリネズミにキスすることに対して公式の勧告を出しました、とセンターは言いました。

ハウスハリネズミは、病気の症状を示さなくてもサルモネラ菌を運ぶことができます。人間の場合、この細菌は下痢、発熱、腹痛を引き起こし、通常、この病気は医学的介入を必要とせず、自然に治りますが、重症の場合、特に子供や高齢者では、入院が必要になる場合があります。米国では、2011年12月から2013年4月までの前回の発生により、26人が影響を受け、そのうち1人が死亡しました。ロシアでは、Rospotrebnadzorによると、2018年1月から10月にかけて、29,260例のサルモネラ症が登録されました。

CDCは現在、8つの州で2018年10月以降にサルモネラ血清型Typhimurium感染症が11例発生したと報告しています。 11人中10人が、ハリネズミと何らかの形で相互作用したと報告し、1人が入院しました。疫学および実験室の分析は、発生がハリネズミに関連している可能性が最も高いことを示し、その株はミネソタ州の患者の家の3つのハリネズミで発見されました。 CDCは、病気のハリネズミの一般的なプロバイダーをまだ見つけていません。

組織の専門家は、ハリネズミまたは彼の家や持ち物に触れるたびに、石鹸と水で手を完全に洗うことをお勧めします。また、可能であれば、自宅ではなく路上でハリネズミの付属品を掃除することをお勧めします。 「ハリネズミにキスしたり愛撫したりしないでください。顔や口にサルモネラ菌が付着し、病気になる可能性があります。ハリネズミが台所やその他の食品が準備され保管されている場所を自由に動き回らないようにしてください」とCDCは述べています。

腸チフス以外のサルモネラ菌は、世界中の下痢の主な原因の1つと見なされています。ほとんどの場合、病気は軽度ですが、時には生命を脅かすものです。そのような例の1つは、サルモネラ菌細胞株であるTyphimurium血清型ST313です。この細菌は熱帯アフリカでの流行の原因であり、毎年39万人がこの細菌で死亡しています。 2018年の初めに、アイルランドとイギリスの生物学者は、この血清型が一塩基変異のために非常に危険になっていることを発見しました。

トピックによって人気があります