十代の若者たちはロボットにボトルを投げるように教えました

ビデオ: 十代の若者たちはロボットにボトルを投げるように教えました
ビデオ: 【作業用BGM・CMカット】松紳まとめ9 2023, 2月
十代の若者たちはロボットにボトルを投げるように教えました
十代の若者たちはロボットにボトルを投げるように教えました
Anonim
Image
Image

先週日本で開催されたロボコンコンペティションでは、参加者は有名なボトルトリックを成功させるロボットを紹介しました。コンテストには15〜20歳のエンジニアと開発者のチームが参加したとポータルのマザーボードは報告しています。

2016年5月、アメリカの10代のマイケルセナトーレがYouTubeに、ウォーターボトルフリップチャレンジを行っている彼の動画を投稿しました。このトリックの本質は、部分的に水で満たされたボトルが空中に投げ出され、1回転し、底に着地して立ったままでなければならないということです。

そのシンプルさと壮観さのために、このチャレンジは科学界を含めて大きな人気を得ています。たとえば、昨年12月、物理学者は、液体で30%満たされたボトルがこのトリックに最適であることを実験的に示しました。しかし、ROBOCONコンテストの参加者は、ボトルを使用するこのトリックや同様のトリックを成功させるためにロボットに教えることにしました。

空中でフリップするクラシックバージョンに加えて、参加者は他のオプションも示しました。たとえば、チームの1つは、弾力性のあるプラットフォームにボトルを「撃ち」、その後跳ね返って底に着地するロボットを設計しました。

Image
Image

このようなチャレンジは、チャリティーの目的で行われることがあります。顕著な例は、筋萎縮性硬化症の遺伝子を発見した研究のために2年前に資金を調達したアイスバケツチャレンジです。

トピックによって人気があります