緑色蛍光タンパク質の発見者が死ぬ

ビデオ: 緑色蛍光タンパク質の発見者が死ぬ
ビデオ: 工学部実験動画:生命工学科『遺伝子の発現タンパク質ができることのメカニズムを考えよう~GFP Green Fluorescent Protein:緑色蛍光タンパク質の世界』 2023, 2月
緑色蛍光タンパク質の発見者が死ぬ
緑色蛍光タンパク質の発見者が死ぬ
Anonim
Image
Image

2008年のノーベル化学賞受賞者である日本の生物学者下村脩は91歳で亡くなりました。長崎大学に関する科学者の死はAP通信によって報告されています。

下村は、アメリカ人の同僚であるロジャー・チエンとマーティン・チャルフィとともに、紫外線で光る緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見と開発でノーベル賞を受賞しました。このタンパク質は、遺伝子発現やその他のプロセスの分析のために細胞生物学や分子生物学で広く使用されています。さらに、バイオセンサーはそれに基づいて作成されます。代理店が指摘しているように、下村は金曜日に亡くなりましたが、これは月曜日に知られるようになりました。

科学者は1928年に京都北部で生まれ、長崎で学び、1945年の爆撃を生き延びました。 1960年、下村はプリンストン大学でアメリカに移住した。彼が西海岸で集められた何千ものAequoreavictoriaクラゲのサンプルからタンパク質の分離に従事したのはそこででした-これで彼は彼の妻、生物学者および化学者によって助けられました。

GFPが細胞内でどのように機能し、それを使って何が行われるかは、たとえば、ビデオ顕微鏡の競争の結果についての私たちの資料「それは生きていて動いている」で見ることができます。

トピックによって人気があります